確定申告は必要ないはウソ?副業で20万以下の場合

副業を解禁する会社も多くなってきてますが、会社員の苦手分野といえば確定申告ですよね。複雑なんでわかりにくいですし、副業の場合は自分で画定申告をしなければなりません。出来れば確定申告をしないで終わらせたいものです。

で、よく一般的に副業で20万円以下であれば、確定申告がいらないって話あるんですが、自分で事業をやっていたり、不動産を売却したり、仮想通貨でひと山当てたりした副業収入と、アルバイトなんかで副業する場合とで少し違ってきますので、あなたの副業はどっちにあてはまるのか考えてみてくださいね。

ちなみに、副業+給料収入以外のすべての所得が20万円以下であれば、確定申告は不要です。2社から給料を貰っている場合は、金額にかかわらず確定申告が必要と書いてあるサイトもありますが、国税庁のHPを拝見したとこ下記のように記載がありました。

2か所以上から給与を受け、かつ、その給与の全部が源泉徴収の対象となる場合に、年末調整を受けた主たる給与以外の従たる給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得金額との合計額が20万円を超える人

ですので、20万円が超えない場合は確定申告が不要なんですが、いやらしいのが給料収入なのか、それ以外なのかで計算方法が変ってくるところです。もう少し詳しく解説していきますね。

 

給料収入とそれ以外の収入の違い

まず副業の場合、大きく変わってくるのが「給料収入」又は「給料収入以外の収入」の違いです。

ちなみに、給料以外の所得っていくつに分類されているか知ってますか? 利子・配当・不動産・事業・退職・山林・譲渡・一時・雑 + 給料 で全部で10種類にも分類されているんですよ。

で、何が違ってくるのかといいますと

アルバイトなどの副業をした場合は、給料収入になります。給料収入の場合は本業ですでに年末調整を行っており、給料所得控除がありませんので収入がほぼそのまま所得になるため、20万円を超える金額を給料としてもらってしまうと確定申告が必要になります。

つぎに、給料をもらう以外の副業をした場合です。例えば、最近流行りの転売をおこなった場合にしましょう。転売で儲けた金額が100万円だったとしても、必要経費が80万円以上かかっていれば、確定申告の必要がありません経費を水増しすることはNGですが、パソコンやプリンター、インクにスマホ本体と通信費に車や燃料代、書籍や勉強会参加費用などなど、いろんな物が経費になってきて確定申告の対象から外れる可能性が出てきます。クレジットカードの利用明細と領収書はすべて残しておくことをオススメします。

 

同じ収入でも、給料収入がそれ以外かで大きく考え方が変わってきますのでご注意くださいね。

 

住民税は申告が必要なのでご注意を!

確定申告は国税を徴収する為の申告になり、通常確定申告すればそれが、役所の方へ情報として伝わります。ですが、確定申告をしない場合は地方税である住民税を決める為の収入をお住まいの都道府県や市区町村に届け出なければなりません。

住民税は、20万円以下は申告しなくてもよい。なんて特例はありませんので、忘れずに申告を行うようにしてください。お住まいの地域の役所に行けば申告書をもらえますし、ホームページからダウンロードできる役所も多くなってきています。催促が来る前に早めに提出するのをおすすめします。後々、まとめて請求されると家計に影響がありますのでご注意を。

 

その他に確定申告が必要な場合

副業以外に収入がある

競馬や競輪で大勝した場合や、不動産を譲った場合、保険金を受け取った場合などの一時所得がある場合は、副業で20万円以下の所得だとしても、併せて確定申告をしなければいけません。申告漏れにならないように気をつけましょう。

住宅ローン控除1年目

住宅ローン控除を利用する場合、1年目は確定申告が必要になります。この場合、副業所得が20万円を超えていなくてもあわせて確定申告が必要になってしまいますのでご注意を。

税金の還付を受ける

住宅ローン控除以外にも、医療費や寄付金などの控除が受けられます。この場合も、副業分の確定申告が必要になります。また、これらで確定申告をした場合は住民税の申告はしなくても問題ありません。

まとめ

副業の確定申告は20万円以下でも、いろんなパターンがありますので、ご自身がどれにあてはまるかをよく確認して申告漏れがないようにご注意ください。また、副業単体で見た場合には確定申告が必要ないケースでも、その他を確定申告することで申告しなければいけない場合もありますので、併せて確認しましょう。

これ以外にも、いろんなパターンがまだまだありそうですので、自分の場合はどうなんだろうか?と疑問に思った場合はお近くの税務署に相談をしてみましょう。税務署って聞くと、固そうなイメージですがぼくは今までお会いした窓口の方と電話対応をしていただいた方は、皆さん良い人ばかりでしたよ。軽く相談する気持ちで電話してみましょう。

おすすめの関連記事はこちら