確定申告の医療費控除に領収書は不要に|改正ポイントを解説!

平成29年度分の確定申告から『医療費控除』の提出書類が変ったんですね。領収書が不要になったとか、ならないとか。

ご出産、入院、ご病気、薬の購入、通院や、それらに関する交通費などなど。医療に関する控除が受けられる大変ありがたい医療費控除。その確定申告の申請方法が簡単になったそうなので、確定申告の医療費控除についてのポイントをご紹介していこうと思います。

何が変わったの?

まず、一番肝心なポイントです。平成29年度分の確定申告から医療費控除申請するときの、変更点はつぎの2つとなっております。

1.医療費の領収書の提出が不要

以前は、医療費控除を受ける為には領収書の提出、提示がありましたが、平成29年度から『医療費の領収書』の提出、提示が不要になりました。その変わり、つぎの書類を提出しなければいけなくなったんです。

2.医療費控除の明細書を提出が必要

領収書の提出、提示が不要になった変わりに、『医療費控除の明細書』の提出が必要になりました。書式は、国税庁のホームページからダウンロードできるようになってます。
医療費控除の明細書はこちら

この書類を提出することで、以前まで添付していた、医療費の領収書が不要になったんですね。

どこが簡単になったの?

さきほどの『医療費控除の明細書』を見るかぎり、簡単になってなさそうですよね。一体、何がかんたんになったのだろうか?とぼくも思ったんですが、よくよく内容を確認してみると、かんたんになってましたので、解説していきますね。

医療費通知で簡単に

平成29年分の申請から『医療費通知』を添付することで、今までは健康保険を利用して病院、診療所、薬局で支払った領収書も必要でしたが、医療費通知1年分の自己負担額などをまとめ、一緒に提出すればOKになりました。

医療費通知って何?

ぼくも医療費通知ってなに?って思ったんでが、医療費通知というのは、医療保険者が発行し、必要な事項が全て記載されている書類のことを言います。

もう少し、噛み砕きますね。

医療保険者は、自分が加入する健康保険のことです。ぼくの場合は、組合健保という健康保険でして、そこから医療費通知が来てました。詳しくは、ご自身の加入している健康保険の窓口に聞いてみると良いでしょう。

次に、医療費通知についてですが、これは加入している健康保険によって名前が違うようです。僕の場合は『医療費のお知らせ』という名称で、病院に行った月の給料明細と一緒に渡されてました。これを添付する必要があるんですね。

最後、必要な事項が全て記載されているというのも、ポイントのようですね。必要事項の記載がない、医療費通知は医療費通知として使えないようなので、よく確認して下さいね。

  1. 被保険者の氏名(ぼくの場合は、自分の名前)
  2. 診療年月(診察や治療を受けた日)
  3. 受診者名(ぼくの場合は、家族の名前が記載)
  4. 病院名など(病院名や薬局名が記載)
  5. 自己負担した金額
  6. 保険者の名称(ぼくの場合、○○健康保険組合)

ここまでが、絶対必要な記載事項となってました。ぼくの『医療費のお知らせ』は医療費通知として使えそうです。ちなみに、ご参考までにですが、他の記載もありました。

  • 総医療費
  • 健康保険負担額
  • 国、市町村の負担額
  • 種別(入院、通院、歯医者、鍼灸・マッサージ、調剤など)

加入されている健康保険によって違いますので、しっかりと確認してくださいね。記入方法は簡単で1年分まとめた金額を記入するだけです。『医療費控除明細書の1.医療費通知に関する事項』の欄に、記入すればOKです。記入例もありますので、わかりやすいですよ。
医療費控除の明細書,記入例

領収書の添付が不要

以前は、1年分の家族全員分の領収書を保管しておかなければいけませんでしたが、それが不要になりました。しかし、領収書の提出、提示は不要になりましたが、5年間は必ず保管しなければいけません。税務署から怪しまれるような、医療費控除申請をした場合には、領収書の提示が求められる可能性もありますので、領収書は1年ごとに保管しておきましょう。

領収書の添付が不要になったかわりに、医療費の明細を記入しなければいけません。
記入する内容は

  • 医療を受けた方の氏名
  • 病院、薬局などの支払先の名称
  • 医療費の区分に選択
  • 支払った額
  • 保険などで支払われる額

この4点は、必ず記載する内容です。1年分をまとめて書き上げるのは、少しめんどうなので、日々コツコツと記入するほうがいいかもしれませんね。こちらも、記入例がありますので、参考に載せておきますね。
医療費控除の明細,記入例

記入例のように、バスや電車の交通費も含まれます。使ったルートなど説明できる資料も保管しておきたいところですね。

その他の変更

確定申告の医療費控除の変更点は、領収証が不要になったなど、簡略化した以外にも変わったポイントがあります。それは、新設された税制『セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)』の控除とあわせて申請できないということです。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)とは、健康の保持増進及び疾病の予防に関する取組を行った方が、12,000円以上の対象医薬品を購入した場合には、「セルフメディケーション税制」(通常の医療費控除と選択適用)を受けることができます。

あわせて申請できないとなれば、両方受け取れる方は、どちらがお得なのかを計算して、通常の医療費控除とセルフメディケーション税制のお得な方を申請するようになります。セルフメディケーション税制は最大8万8千円ですので、通常の医療費控除が8万8千円を超えるようであれば、比較する為の計算は要りませんね。

詳しくは、『セルフメディケーション税制と医療費控除の違い』をご参考にしてください。

計算方法は、国税庁のホームページに便利な計算機がありますので、対象になる方は計算してみてくださいね。少しでも多く控除が受けられた方が良いですからね。
セルフメディケーション税制,計算方法

通常の医療費控除とセルフメディケーション税制との比較ができるので、わかりやすい計算機ですよね。ご参考にしてみて下さい。

まとめ

確定申告の医療費控除には、領収書の提出、提示は必要なくなりましたが、変わる書類の提出が必要になりましたのでご注意くださいね。平成29年分からになりますので、例年通りに申告しようとしたら、違ってたってなると、直前であわてるコトの無いように事前に準備したいところです。

また、医療費控除については、5年間までさかのぼって確定申告できますので、期間が過ぎたからといって、諦めないようにしましょう。この記事も参考にしてみてください。『確定申告は過去分も申請出来るって本当なの?』

とここまで、いろいろ調べて解説したのですが、最後にリーフレットを見直したら『平成29年から平成31年までの確定申告については、従来の領収書添付、提示でもOKです。』というような分を発見。

平成31年分までは、今までの領収書添付、提示方式でも良いようですよ!

おすすめの関連記事はこちら