個人事業主で確定申告をしないのってアリなの?

個人事業主で確定申告をしないのってアリなの?

収入を自由に決められる個人事業主。特にケタ違いに稼いでいるわけでもないし、確定申告をしないという選択をしようとしてませんか?

会社員の場合は、源泉徴収という名目で、給料から税金が引かれて支給されてますが、個人事業主はそれがありません。その為に、年に1度の確定申告が必要になってきます。

『でも、収入が少なければ確定申告をしなくてもいいって聞いたよ』って方もいるでしょうが、確定申告をすることでお得なこともありますので、読んでみてご判断してくださいね。

スポンサーリンク

1.確定申告の必要な人

個人事業主で確定申告が必要な人をまずは、確認していきましょう。

1-1.事業所得が38万円を超えた場合

サラリーマンの場合『20万円ルール』というのがあり、個人事業主の場合は、よく38万円をラインにされているのを目にしますよね。別に38万円に固定されているわけではありません。

これは、課税所得の計算方法に理由があるんです。なので、別に38万円を超えても確定申告をしなくても問題ない場合もあります。

課税所得額の計算方法をおぼえておきましょう。

収入 - 経費 - 控除額(最低38万円)=課税所得 となります。

つまり、事業所得が38万円を超えなければ、個人事業主の場合は誰でも、確定申告をしないという選択もできる。という意味での38万円なんですね。

1-2.課税売上高が1,000万円を超えた場合。

この場合は、消費税に関して確定申告をしなければいけません。

課税売上高は、1年間の売上高から消費税分8%又は10%引いた金額になります。消費税が8%の時には、売上高が1,080万円を超えてくると確定申告をしないという選択はできません。

1-3.消費税課税事業者選択届出書を提出している場合

こちらも同じく、消費税関係の確定申告になります。

通常は、課税売上高が1,000万円を超えないと消費税の申告は不要ですが、『消費税の還付』などを受ける為に、『消費税課税事業者選択届出書』を提出している場合には、確定申告が必要になります。

海外へ物を売っている方なんかは、よく提出している書類になります。


ここまでが、確定申告をしなければいけない個人事業主です。

2.メリット・デメリット

確定申告をしないという選択が選べない、個人事業主の方は絶対に確定申告をしなければいけませんが、どちらでもOKの方は申告するか、しないか悩みますよね。順番に確認していきましょう。

2-1確定申告をしないメリット

2-1-1.所得税がない

まず、一番最初に思うことは、税金を納めなくて良いということですよね。課税対象の所得がないわけですから、当然、所得税も納めなくて大丈夫です。

2-1-2.時間が取られない

確定申告時期は、年明けから年度末の忙しい時期に行われます。例年2月16日頃から、3月15日頃までです。帳簿をつけていて、

収入 - 経費 - 各種控除 = 0円 になれば、課税所得はなくなりますので、税金は必要ありません。

確定申告をしない、メリットってこんなもんでしょうか。あまりメリットが少ないですね。

2-2.確定申告をしないデメリット

個人事業主で、確定申告をおこなわないと、意外にデメリットって多いんですよ。目先の税金だけではなく、総合的に判断し確定申告をするか、しないか選びましょう。

それでは、個人事業主の確定申告をしないデメリットです。

2-2-1.収入証明がない

サラリーマンのように、会社から源泉徴収票が発行されるわけではありませんので、収入を証明する書類がありません。もちろん、役所に課税証明書を発行しても、確定申告をしていないので、収入の証明はありません。

収入証明がないと、各種ローンを組むことができなくなります。特に、住宅ローンを組む時には、銀行にもよりますが、3年分の確定申告を求められることもあります。

家を建てよう!と決めてから、確定申告をして収入を作っても、3年以上必要になるかもしれませんね。計画は、お早めにですね。

2-2-2.赤字を繰越せない

青色申告で、確定申告をしていた場合は翌年に赤字分を繰り越すことができます。個人事業主ですから、今年で仕事が終わりというわけではなく、毎年の事になります。

例えば、今年の赤字が50万円で、来年の所得が500万円だとしましょう。
その場合、無条件で、前年の50万円が引かれます。

前年が、赤字で、さらに翌年は黒字で多く税金を納めなければいけない事態になったら、大変もったいないです。いかに、収入を手元に残すかが、経営のポイントの一つですから、戦略的に進めていきましょう。

ちなみに、確定申告は『確定申告は過去分も申請出来るって本当なの?』で詳しく説明してますが、過去分も申告は可能になってます。しかし、青色申告は、事前に青色申告しますよ。と申告が必要になります。個人事業主として、1年目の場合は青色申告の対象から外れる可能性もあります。

2-2-3.住民税が高くなる

お住まいの都道府県、市区町村によっても具体的な金額は、変わってきますが、収入の無申告者という扱いで、通常よりも高い住民税を納めるようになるかもしれません。

せっかく所得税を節税したのに。。。なんてならないように気をつけましょう!

役所にいけば、住民税用の収入申告も可能になってます。基本は、確定申告をおすすめしますが、何かしらの理由があって確定申告をしない個人事業主の方は、こちらを提出してくださいね。

2-2-4.国民健康保険が高くなる

こちらも、所得に合わせて計算されているため、無申告の場合は、いわゆる『低所得者軽減』という軽減が受けられなくなってしまう為です。

これも、役所に住民税の申告をすれば、問題ないようですね。窓口に問い合わせてみましょう!

3.確定申告が必要なのにしないと・・

ここまでは、確定申告をしなくてもいい人のメリット・デメリットをお伝えしてきましたが、『確定申告が必要なのに、申告をしなかったら?』という疑問をお持ちの方もいるかもしれませんので、お伝えしましょう。

確定申告が必要なのに、しないと、後から『納めなければいけない税金』+『加算税』+『延滞税』が請求される可能性があります。

税務署から指摘される前に、自分から確定申告をすれば、請求されない場合もあるようですね。確定申告時期が終わっても、しっかりと申告しましょう。

4.まとめ

個人事業主の方は、確定申告をしないとデメリットの方が多いですね。少しの所得税で、多くの事に制限というか、制約が出て何かと大変そうです。

これから、住宅を購入したり、車を購入する予定があったり、事業を大きくするために資金援助を受ける予定があったりなど融資が必要な人は特に気をつけて、計画的に確定申告をして所得を確保したいですね。

納めるものは、しっかり納めて、事業を少しづつ大きくしていきましょう。税金を多く納められるのは、それだけ稼いでいるということなので、幸せなことでもありますよ。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK