副業でアルバイトした場合に確定申告で気をつけたい3つの事

働き方改革で、残業が少なくなり、時間が増えたのはいいものの、今まで貰っていた残業代がなくなるのは、困るということで副業が当たり前の時代になってきましたね。

副業何しようかなと考えた時に、誰もが思い浮かぶのが、アルバイトですよね。株やFX、転売にアフィリエイトなど、自分で稼ぐ手段もあるが、稼ぐまでに時間がかかるし、個人事業主になるわけだから、責任も重くなる。ということで、手っ取り早いアルバイトを始める方も多いでしょう。

しかし、副業でアルバイトした場合に、忘れちゃいけないのが確定申告です。『20万円以上稼がなければ必要ないって聞いたんだけど』と思った方は要注意です。サラリーマンが副業でアルバイトした場合、確定申告をすることで受けられる恩恵が意外にあるんですよ。

1.確定申告した方が良い理由

あなたがこれから、もしくは現在、副業でどのくらい稼ぐかによっても変わってくるが、一般的に副業のアルバイト先でも、給料から所得税が引かれているのですが、サラリーマンで副業の場合は、20万円以上貰わないと所得税はかかってきません。

つまり、副業のアルバイト先では、支払わなくてよい、所得税まで引かれてしまっているという状態なんです。

1-1.給与所得者の扶養控除等申告書

サラリーマンの方は会社に毎年こんなのを提出してませんか?これは『給与所得者の扶養控除等申告書』と呼ばれる書類で、これを会社に提出した場合、会社は年末調整を行わなければいけない。という決まりになってます。

しかし、この書類は、1人1か所までと決まっており、副業のアルバイト先には提出することはできません。そうなると、アルバイト先は年末調整をする必要はありません。忘れずに、源泉徴収票は受取りましょう。

アルバイト先に副業と伝えていない場合は、提出を求められた場合には理由を伝えましょう。どうしても言えない場合は、『かけもちのバイト先で提出済です。』と伝えるしかありませんね。

1-2.所得税が戻ってくるかも

20万円を超えない副業であれば、原則確定申告は不要ですが、アルバイト先の給料明細を確認すると所得税が引かれてませんか?予め、所得税を引いているバイト先の場合は、確定申告をすることで所得税が戻ってくる可能性があります。1年分となると、意外にバカにならないかもしれませんね。

1-3.住民税を自分で納められる

これは、市町村によっても違いがあるので、絶対とは言えないのですが、副業のアルバイト所得分を確定申告するさいに、住民税を自分で納める(普通徴収)にする事ができます。これで、会社に副業がバレることはないので安心ですね。

私の住んでいる市では、メインの給料所得分が給料天引き(特別徴収)になっていれば、副業分は普通徴収でもOKという答えでした。お住まいの市町村の窓口に相談してみるとよいでしょう。

 

2.確定申告しない場合は?

サラリーマンのアルバイト副業で確定申告をしない場合は、どーなるのかを確認していきましょう。

2-1.バイト所得20万円以下の場合

サラリーマンの副業でのアルバイト所得とその他給料以外の所得が20万円を超えない場合は、確定申告をしなくても税制上の問題はないでしょう。ですが、住民税問題がありますので、副業がバレると不味い場合は対策が必要になってきます。

2-1-1.申告を行う

マイナンバーで個人の所得が、役所からは、すべて把握されている時代です。確定申告をしなくても、副業アルバイト分の所得も住民税の計算に入ってきます。そうすると、自動的に特別徴収で、会社の給料から天引きになってしまいますので、注意が必要ですね。

そこで、お住まいの市町村へ所得を申告することで住民税を普通徴収に変えてれる場合もあります。副業をはじめてからでは遅いので、副業でアルバイトを始める前に確認を取っておくとよいでしょう。

2-2.バイト所得20万円超の場合

副業アルバイト所得が20万円を超えた場合は、確定申告は絶対に必要になります。確定申告をしていないのがバレてしまうと、税務署から後日声がかかります。

税金だけであれば、まだいいですが『加算税』『延滞税』も請求されかねません。そうなってくると、せっかく副業アルバイトした給料がなくなってしまう可能性すらあります。十分に注意してくださいね。

3.会社にバレないようにする裏ワザ

副業アルバイトが会社に税制上の手続きでバレる可能性としては、住民税ですよね。これをなんとかしたいですよね。

住民税の計算自体は、会社で計算しているわけではなく、会社から各市町村へ給料をこのくらい支払ましたよ。という申告を上げており、それをベースに市町村などの役所で計算がされます。

だいたい、6月頃に『今年度の住民税です。』というようなお知らせが給料明細などに入ってますよね。なので、会社はどのように計算しているかわからないというのが実態です。バレるとするとこのような感じでしょうか。

『AさんとBさん、給料や家族構成など条件がほとんど同じなのに、Aさんの方が住民税高くない?』

『もしかして、Aさん会社以外の収入もあるのかも?』と疑われるのが、一般的です。

そこで、住民税が安くなるような対策をとってみてはいかがでしょうか?サラリーマンが副業でアルバイトをしても、年間で稼ぐ金額はそんなに多くないはずです。休みの日までフルで働けば別でしょうが。

住民税を安くすれば、アルバイト分くらいのごまかしは出来そうです。

3-1.ふるさと納税

ふるさと納税を行うと、所得税の還付と住民税の減税を受ける事ができます。詳しくは『ふるさと納税の確定申告とワンストップ 特例制度を比較検証してみた』を読んでみてください。

副業アルバイトをごまかす為の、ふるさと納税であれば、ワンストップ特例制度を利用して住民税から引かれるようにすれば問題なさそうですね。お得なお礼の品ももらえて、2度おいしいですよ。

3-2.住宅ローン控除

こちらは、マイホームを手に入れる為の、住宅ローンを組んだ時に使える控除になります。一般的には『所得税』の控除として知られていますが、所得税で引ききれない場合は、住民税からも引いてくれます。

このあたりは、所得や、ローンの借入額などによっても変わってきますので、計算してみるとよいでしょう。マイホームを気に、副業アルバイトをスタートの場合は、良い流れかもしれません。

3-3.保険や個人年金に加入する

最後は、受けられる控除を最大限に受けるに尽きますね。

  • 生命保険
  • 医療保険
  • 個人型確定拠出年金iDeCo

このあたりがオススメでしょうか。副業アルバイト分を貯金していると割り切れば、税金も安くなり一石二鳥ですね。

4.まとめ

副業でアルバイトした場合、確定申告を行うメリット、デメリット、裏ワザはいかがでしたか?副業を許してくれる会社も多くなってきているようですが、まだまだNGの会社も多いです。

副業でアルバイトを行う場合は、しっかりと対策をとって、会社にバレないように気をつけたいですね。ちなみに、首都圏では住民税の特別徴収に力を入れているそうで、普通徴収に変えるのが難しいようです。首都圏にお住まいで、副業アルバイトの方は確定申告と節税対策で乗り切りましょう!

おすすめの関連記事はこちら