確定申告の源泉徴収票はコピーでもいいか確認してみたところ・・・

源泉徴収票の原本を他で使うので、できれば確定申告の源泉徴収票はコピーで済ませたい。なんてことや、原本を失くしたけ源泉徴収票のコピーならある。ってこともあるでしょう。

毎年確定申告している人であれば、裏ワザを知っているかもしれませんが、はじめてのこととなると、わからないことだらけですよね。

源泉徴収票も、『コピーでも大丈夫』『後から原本は返ってくる』『社印がないとダメ』などいろんな噂が飛び交ってますので、今回は確認をとっていきましょう。

コピーはNG?

まずはココです。確定申告で準備する源泉徴収票はコピーでもOKなのか?ということですが、これは原本じゃないとダメです。国税庁のホームページにもしっかりと記載がありますので、間違いないです。

給料所得がある場合・・・給与所得の源泉徴収票(原本)

源泉徴収票はコピーじゃなく、原本を準備しましょう。ここで微妙になってくるのが、コピーと原本の違いですね。

コピーと原本の違い

電子交付の印刷が問題なければ、コピーでもいいような気がしますよね。でも、これはやはりNGでした。あくまで原本にはこだわるそうです。

一般的には、小さい用紙に印刷されている事が多い、源泉徴収票ですが、A5、A4などの大きな用紙で発行されている場合は、コピーでもわからないかもしれません。でも、原本を提出していた方が間違いないでしょう。

電子交付の場合

 

最近、多くの会社が取入れている源泉徴収票の電子交付。この場合は、印刷すれば問題なさそうに感じますが、国税庁のホームページによると、こんなことが書いてあります。

(問15) 電子交付を受けた給与所得の源泉徴収票、退職所得の源泉徴収票又は公的年金等の源泉徴収票をプリントアウトして確定申告書に添付してもよいか。

(答)

 確定申告書に添付する給与所得の源泉徴収票、退職所得の源泉徴収票又は公的年金等の源泉徴収票は、法令上、給与等、退職手当等又は公的年金等の支払者(交付者)から書面で交付を受けたものと規定されていますので、電子交付を受けた各源泉徴収票をプリントアウトして確定申告書に添付することはできません。給与等、退職手当等又は公的年金等の支払者(交付者)から、書面により各源泉徴収票の交付を受けた上で、確定申告書に添付してください(所令262)

電子交付された、源泉徴収票をプリンアウトして確定申告に添付することはできませんと、書いてありますね。会社に書面で発行依頼をしないといけないようです。

そんなめんどくさい事みんなやってるのかな?と思い、方々へ確認してみることに。

会社の同僚や先輩

ぼくの会社も電子交付なので、確定申告をしたことある同僚や先輩に確認してみたところ。

『えっ、ダメなの?知らなかった。何も考えずに、印刷して提出したよ』

『印刷したのを出したけど、特に問題なかったよ』

実際に、確定申告を終わらせている人が言っているので問題なさそう。

ブログやサイト

確定申告の事を書いている、ブログやサイトは沢山ありますので、確認していったところ、やはり『源泉徴収票は原本』という記載がほとんど。

ひとつ、『電子交付の源泉徴収票をプリントアウトして提出して問題なかった』と報告しているブログがありました。やはり問題なさそうです。

税務署に確認

ぼくの住んでいる管轄の税務署に確認してみることに。

『確定申告で添付する源泉徴収票なんですが、電子交付の場合は印刷でもよいのでしょうか?』という質問をしたところ

『問題ないです。それを添付してください』という回答を、ちょっとカブせ気味にいただきました。忙しかったんですね。

やはり、電子交付の源泉徴収票は印刷で問題ないようです。

会社に発行を依頼する

ルールを曲げることが大嫌いなあなたは、会社に源泉徴収票を書面での発行を依頼しましょう。源泉徴収票は、書面でも発行しなければいけないきまりになってますので、遠慮なく確定申告に使う旨を伝えましょう。

社印は必要

さきほどの、電子交付の件で税務署に確認をとったときに、あわせて確認してみました。社印に関しては、不要ということです。特に押されていなくても、問題ございません。

原本は返ってくるの?

コピーがダメなら、源泉徴収票の原本は返ってくるのか?って心配になる方もいるでしょう。これは、結論から伝えますと、原本返ってきません。確定申告に添付する、源泉徴収票は原本で、添付したら返ってこないのです。

再発行は可能?

一般的には、再発行をしてくれる会社がほとんです。ですが、何に使うかを聞かれることがおおいでしょう。確定申告に必要なんです。と答えてもいいのだが、住宅ローン控除の確定申告などであれば、問題ないですが、副業の都合でとなってくると、微妙になってきます。突っ込まれた場合の対処方を考えておきたいですね。

特に、会社で副業NGとなっていれば尚更、口が裂けても言えませんよね。そんなときは、こんな口実はどうでしょうか?

  • 『ライフプランニングするからもらってきてと言われた』
  • 『保険を見直そうと思って』
  • 『住宅ローンの仮審査をしてみることにしました』

この3つであれば、問題なく発行を頼めますね。失くしてしまったが、再発行を依頼しにくい場合はためしてみてください。

まとめ

確定申告に使う、源泉徴収票はコピーではNGということがわかりましたね。どこからが、コピーになるのか?というのは、グレーのままですが。社印はなくても、原本として扱ってくれるそうなので、押印なしで源泉徴収票を渡される会社の場合でも確定申告の添付は問題なさそうです。

電子交付の場合は、印刷してそのまま使えますので、安心してください。また、源泉徴収票を失くしてしまった人は、再発行も基本は行ってますので、会社に申請を依頼してくださいね。確定申告する理由が、伝えにくい場合はお試しの3パターンを使ってみてください。

スムーズな確定申告ができることをお祈りしております。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK