国民年金は20歳学生の場合届出が必要になります。

もうすぐ20歳。日本国内に住んでいると、例え学生であっても国民年金への加入が法律で決められていて、義務となっています。将来のことは、自分でなんとかするから大丈夫。そう思っていても保険料を納めなければなりません。

「ちょっとまって、私20歳って言ってもまだ学生だよ。毎月、毎月国民年金保険料なんて支払えないよ。」という方ががほとんどでしょう。私も20歳の時は、同じ意見でした。

もちろん、国の方では学生向けに特例を設けていますのでご安心ください。ただし、手続きが必要になってくるのと、一定の条件もありますので今回は国民年金のお手続きについて、20歳の学生版でお届けしたいと思います。

 

学生納付特例の条件とは

まずは、国民年金の学生納付特例に該当してくるか確認していきましょう。といっても、学生のほとんどの方が該当になってきますのでご安心ください。

対象となる学校

大学、大学院、短大、高等学校、高等専門学校、専修学校、その他(学校教育法で規定されている修業年数が1年以上の学校)、海外大学の日本校で許可を得ている学校

私の通っている学校特殊で微妙なんですけど・・・っていう方は、日本年金機構のHPに都道府県ごとの一覧があります。又は、お近くの年金事務所で確認してみましょう。Googleで年金事務所で検索するとお近くの窓口が出てきますのでお試しあれ。

 

対象となる所得

次に、最近は学生中に起業したりする人もいますし、状況によっては一度就職したけど学生に戻ったなんて人が対象になってきます。あとは、アルバイトを沢山した場合も該当してきます。

ここの確認のポイントは、前年の所得になります。前の年の所得です。収入とは違いますのでご注意ください。

所得金額は、118万円+(38万円×扶養人数)となっています。結婚をされていたりする場合は、扶養人数も関係してきます。

 

アルバイトの場合は、給料収入から所得控除というものがありますので、稼いだ金額が所得になってくるわけではございません。具体的にはアルバイトで稼いだ金額が年間約180万円をしたまわるくらいであえば対象になってくるでしょう。月15万円程度の給料ということになります。

個人事業主の場合は、経費などをすべて差し引いて残った金額から、さらに控除金額を差し引いて残った金額が所得になってきます。110万円を超えてくるような収入の場合は、前の年確定申告しているでしょうから確定申告の控えを確認するのが早いですね。

 

学生納付特例の申請はいつ?

誕生日の場合

あなたが20歳になる前の月に「日本年金機構」から手紙が送られてきます。例えば、あなたの誕生日が12月であれば、11月に郵送で送らてきます。住民票をいどうしていない方、他県に住んでいる学生は住民票がある場所へ送られますのでご注意ください。

学校でまとめる場合

在学中の学校が国民年金の学生納付特例の代行を行う場合もあります。その場合は、学校の事務局の指示にしたがって手続きを行うようにしてください。自分の学校が手続き代行しているかも確認ができます。

さきほどの学生納付特例対象の学校一覧と同じデータ内記載があります。代行事務欄に日付が記載あれば、対象になってくるようです。まだ確認してない方はこちらからどうぞ。「学生納付特例対象校一覧」 余談ですが、私の住んでいる地域では、比較的大きな学校しか代行は行っていませんでした。まだまだ、対応している学校は少ないようです。

 

学生納付特例の申請はどーすればいい?

ご自身で国民年金のお手続きをされる場合は、まず誕生日前月に日本年金機構から送られてくる「国民年金資格取得届出」というものを、お住まいの市区町村の窓口または年金事務所へ提出します。こんな感じの書類です。手紙失くしてしまった方は、ホームページからダウンロードもできますのでこちらからどうぞ。書式はこんな感じです。

 

上記書類を提出すると、年金手帳が後日お手元に届きます。年金手帳が届きましたら、いよいよ学生納付特例の申請に入ります。20歳で学生の場合、年金手帳と一緒に申請書類をお送りしてくれる場合もありますが、ホームページでもダウンロードができます。学生納付特例の申請用紙 

このような書式になってますので、ご記入と学生証のコピーを添付すれば完成です。複雑な書類ではありませんのでさっさと済ませてしまいましょう。

記入が終わったら、お近くの役所の窓口又は、年金事務所へ持って行きます。忙しい方は、郵送でも問題ありません。提出するのは、提出用と書かれている書類だけですので全部提出しないように注意してくださいね。

退職などされて、学生になった場合は雇用保険受給者証や離職票などの添付が必要になります。

申請関係は以上になります。忘れないで行うようにしてくださいね。

学生納付特例の申請しないとどーなる?

学生納付特例の申請を行っていないと、万が一不慮の事故などで障害を負ってしまった場合障害者年金が受けられなくなってしまいます。こんな簡単な書類で受取れなくなるのはもったいないので、必ず申請を行っておきましょう。

また、申請を忘れていた場合でも2年までであればさかのぼって申請が可能になっています。うっかり忘れていて、滞納扱いになっている場合は、早めに年金事務所又はお住まいの市町村の窓口に相談にいきましょう。年金手帳、学生証、認印は忘れずに持っていくとその場でお手続きできるかもしれません。

 

まとめ

国民年金の学生納付特例は、学生だけに許された特権ですのでしっかりと利用をさせてもらいましょう。また、学生の間免除された保険料を後から納めて、将来多く受け取ることも可能になっています。追納と言って、10年以内であればお手続きできるようになってますのでご参考にしてください。日本に住んでいる以上、逃れられない制度ですので損をしないようにお手続きを済ませてしまいましょう。

年金の受け取り資格は外せない!法改正で10年になった今だから知っておこう

おすすめの関連記事はこちら