FXで勝ち続ける為に大切な事は手法や情報だけではない。

FXの9割は1年以内に退場する。なんて話を良く聞きますよね。つまり資金がなくなってしまい、トレードを続けることが出来ない状況です。この原因をぼくは、「トレード手法の問題」「情報が不足している」だけと勘違いをしていて、結果を出すまでに多くのお金と時間を必要としました。

もちろん、トレード手法や情報も大切なんですが、それ以上に大切なことがあります。ぼくの様にお金と時間を無駄にしないよう、あなたにもシェアしますので参考にしてみてください。トレードだけでなく、自分の欠陥が少なくなり、人生も変わると思います。

良いトレード手法を学んでも無駄な理由

FXだけに限ったことじゃありませんが、良いノウハウを学んだとしても正しく実践しないといけません。特にFXの場合はなおさらです。ですが、多くの人は自分はちゃんとノウハウ通りにやっていると勘違いしていたり、自分の都合の良いように解釈を変えたり、含み損が大きくなると判断を誤ったりしてノウハウを正しく実践できていません。偉そうにいっておりますが、ぼくもそうでした。

で、なんでそうなってしまうのかなぁと、客観的に考えてみたり、トレードを教えてもらっている人に聞いてみたり、日々のトレードを振り返ってみたりと、いろいろと探ってみたんですね。そこで、たどり着いた結論としては「人は何かしらの欠陥があって、それがトレードに出てしまう。」ということです。

完ぺきな人間なんていませんので、欠陥という言葉が正しいかどうかは、わかりませんが「クセ」とか「不得意」という表現よりも欠陥の方が、胸に刺さるので欠陥と表現をすることにします。

 

人としてどんな欠陥が、トレードにどう影響するのか

人としての欠陥が、日々のトレードにどう影響してくるのかを考えてみましょう。特に大切だと思うものから順番にご紹介していきますね。

1.自分の事しか考えない人

為替が上下する理由としては、多くの人が売り買いをしているので動いています。つまり、多くの人が何かを考えながら売り買いしているわけです。そこに、自分に都合の良い考えでトレードをしようとしても失敗するのはご理解いただけますよね。相場に自分が合わせにいく事が大切です。

普段の生活から、自分の意見を通そうとしてぶつかる人や、自分が納得できないことがあると、執着してしまう性格の人は要注意です。

2.ルールを守れない人

どんなに良い手法で勝ちを重ねても、たった1回のトレードで退場になってしまう可能性もあるのがFXです。当然ですが、出来るだけ損を減らすかが大切になってきます。そこでだれも口を揃えて言うのが「損切り」です。損切りは本当に重要ですが、いざ実践するとなると損切りラインをいろんな理由をつけて変更してしまいます。そう、大切なルールを守れないんです。もちろんこれも、何度も経験済みです。

3.一喜一憂する

日常から感情的な人は危険です。ルールを守れない人ともリンクしてくるんですが、感情で行動をしてしまいルールを破ってしまうという超危険なタイプです。トレードは、勝っても負けても一喜一憂することなく、ルールに従い積み重ねていくのが大切です。1回、1回感情に流されないように注意しましょう。

4.感謝の気持ちがない

感情的になってしまう人全員というわけではありませんが、一般的に感謝の気持ちがない又は、薄い人が多いです。感謝の気持ちを忘れないで日常から行動をすると、一喜一憂することが少なくなります。例えば、「お互い様」とか「お世話さま」「ありがとうございます」などの気持ちを忘れないようにしましょう。

なんだか、精神論になってしまいますがホントに大切なんです。

5.素直さが欠けている

誰かに何か指摘されても「でも」「だって」「いや」とか言ってしまう人は危険です。トレードを指導してくれる人がいた場合、意見を聞こうとしませんし、書籍などに書いてあることも素直に頭に入らないでしょう。こういう方は、自分が経験をしないと納得しないので退場して後悔するまで治らないかもしれません。

6.一発逆転を狙う

何事も負けたくないという気持ちが強く、ついつい一発逆転を狙ってしまいがちです。FXにおいて、これは非常に危険な考え方です。トータルで勝てれば良いので、毎回、毎回絶対に勝って終わる必要はありません。むしろ、損したくないからと思って、一発逆転を狙ってしまい不幸なことになる可能性があります。FXはギャンブルではなく投資ですので、コツコツと資産を増やすように注意しましょう。

 

 

以上が、トレードの手法以前の欠陥のお話です。これらを治さないと、どんなに良い手法を学んでもなかなか結果を残せないでしょう。ちなみに、これらは凡人の方向けです。一部の天才の人は、トレードの時は別人のようになり機械的に淡々とトレードが出来てしまうのですが、ぼくと同じ凡人の方は欠陥から治していかないと勝ちを重ねていくのは難しいです。

 

日常からトレーニングしないと、治らない

欠陥を日ごろのトレードだけで治そうとしてもなかなか治らないでしょう。お金も時間もかかってしまうのでおすすめしません。おすすめは、日常の生活から変えていくようにします。

自分ルールを決めて、かならず守るようにする。とか、多数の人の考えを受け入れてみる、小さな感謝も忘れないようにするとか、他人のミスで自分の損害があったとしても「お世話様」「お互い様」で一喜一憂しないようにするなど、人として成長することでトレードでも結果が出るでしょう。

自分ルールを定める場合は、いろんな理由をつけてルールを破るのはNGです。僕がやっていたのは、お酒は祝い事以外は飲まないとか、朝起きたら布団からすぐ出るとかです。お酒に関しては、今日は仕事でいい成績残せたからとか、長期休みの前だからなど、勝手にルールを変えてしまいそうになることもありました。そういうルール変更が、損切りラインを変更したり、トレード手法を変えてしまったりする原因になってしまいます。

 

また、感情のコントロールについては、何か嬉しい事があった場合「○○のおかげです。ありがとうございます。」と思って、いちいち喜ばないことにしました。怒りの気持ちが沸いてきそうな場合は「自分も時にはミスをする、お互い様だな」とか「いつもお世話になっているから」などという考えで、一喜一憂をしないように心がけました。

そして、ぼくの最大の課題はひとりのときの行動です。誰かに見られていると、行動できるんですがひとりの時間はダラダラしがちでした。トレードする時も、基本一人なので一人の時間も誰もいないからと気を抜くことなく、誰かに見られているような気持ちで生活をするようにしましたし、朝起きたら布団からすぐに出るという一人の時間に定めたルールを守るという状況を作ってました。

 

こうしてまとめてみると、ホントに欠陥が多い人間だったんだなって改めて思います。(笑)こんなぼくでも結果が残せているので、たぶんほとんどの方は問題ないでしょう。欠陥をちゃちゃっと治してしまいましょうね。

 

勝てているのは、たまたまの可能性もあります

こんな精神論に偏ったことを書くと、そんなことをしなくても勝てているよ。って人もいると思います。でも、それってたまたまの可能性だってあります。たまたま運よく、勝ち続けられただけであってこれから長い間コツコツと勝ちを積み重ねていくのであれば、人として成長をすべきです。一発逆転を狙うのではなく、コツコツと資産を増やしていくことが目的です。

コレに気づかされるのが、いつなのかっていうのも大切ですね。たまたま勝てている時に気がついて、軌道修正できる場合と退場になってから気づく場合。前者と後者では、すごく違います。ぼくはもちろん後者ですが、精神的にハードなので、あなたには前者を選択することをおすすめ致します。

まとめ

FXで勝ちを重ねていくには、トレード手法も大切ですが、それよりも人としての欠陥を治していくことが本当に大切になってきます。特にルールを守る、感情をコントロールすることが大切になってきて、トレードでいざその場面になっても、ルールを守ったり、感情のコントロールは難しいです。日常生活から、自分を見直してより良いトレードを積み重ねていってください。

おすすめの関連記事はこちら