楽天ポイントで投資するデメリットはある?むしろメリットの方かも

楽天スーパーポイントで投資ができるなんて、素晴らしい仕組みだなぁ。さすが楽天、なんて思って先日楽天証券の口座開設の申し込みをしたわけなんですが、口座開設完了の書類が届くまでまだ時間があったので、いろいろと楽天ポイントで投資するメリット・デメリットを調べてました。

参考記事:楽天証券はポイント投資が可能、しかも、やり方が簡単だってさ!

やっぱり、良い点も悪い点も理解して投資はやらんとアカンですよね。ってことで、今回は楽天スーパーポイントで投資するデメリットとメリットをそれぞれまとめてみました。以前の記事を読んで、楽天証券の口座開設をした人は、同じく書類が届くまで学んでいきましょう。

 

楽天ポイント投資のデメリット

あまりデメリットでないんですが、あえて言うならってことで下の3つでしょう。

  • 期間限定ポイントが使用できない。
  • 現金化するまで時間がかかる。
  • 大きなリターンは期待ができない。

それでは、順番に楽天投資のデメリットを詳しくみていきましょう。

 

期間限定ポイントが使用できない

楽天スーパーポイントが大きく貯まる時って、何かしらのキャンペーンが関係していることが多いですよね。でも、楽天証券で使えるスーパーポイントは通常のポイントのみで、期間限定のポイントは対象外なんです。悲しいですが、使えるポイントは通常のポイントのみとおぼえておきましょう。

※期間限定ポイントはアプリから簡単に確認できますよ。期間の記載があるポイントについては、しっかりと確認しておきましょう。

 

現金化するまで時間がかかる

ここでの現金化というのは、ポイントを使って何か物をGETするという意味も含めての現金化です。楽天ポイントのままであれば、何か欲しいものが出てきた場合ポイントを使って商品を購入することができますが、一度楽天ポイントを投資にまわしてしまった場合はそれができません。

逆にいうと、本当に使い道のない楽天ポイントのみを投資にまわすのが正解でしょうね。ポイントで何か銘柄を買って、翌日売るなんていうことはやめましょう。手数料がもったいないです、そもそもそういったサービスではないのです。

 

大きなリターンは期待できない!

投資というと、なんだか大きなリターンが望めるような気持ちになりますが、楽天ポイント投資ではそこまでは期待できないでしょう。

楽天ポイントを鬼ほど貯めている場合は、大きなリターンを期待できるでしょうけど、そこまで楽天ポイントが貯まるってことは、けっこうな金額を使わないとポイントが貯まらないですよね。ってことは、お金に余裕がないとお金も使わないのでポイントが貯まりません。

つまり、楽天ポイントで大きなリターンを得れるくらいの投資をできる人は、そもそも楽天ポイントを使わなくても投資が出来る人ってことになります。

ぼくのように、コツコツ貯めた楽天ポイントで投資をスタートする場合は『大きなリターン』は得られないでしょう。

楽天ポイントを投資に使える上限

ご参考までに、楽天ポイントが使用可能上限をまとめておきますね。

 通常注文 / 日積立注文 / 日1か月最大

ダイヤモンド会員
以外のお客様

30,000ポイント30,000ポイント100,000ポイント
ダイヤモンド会員500,000ポイント500,000ポイント500,000ポイント

楽天ポイントは通常、購入金額の1%でたまにポイント10倍みたいなのもありますが、それでも100,000ポイント貯めるには100万円以上使わなければいけません。ん~、楽天ポイントだけで10万ポイント月に貯まっちゃう人は現金で投資できる人で間違いないですね。

 

楽天ポイント投資のデメリットは以上になります。いかがでしたか?個人的には、あまりデメリットは多くないように思いました。それよりも、ポイント投資をすることによってのメリットの方が多いので次にご紹介していきましょう。

 

楽天ポイント投資のメリット

改めて考えると、楽天ポイント投資はメリットがいっぱい。毎月、毎月寝かせている楽天ポイントがある場合は、要チェックです、

  • 投資の勉強と練習ができる
  • 気にする事なく放置できる
  • 使わないポイントを寝かせておかなくてよい

それでは今度は楽天ポイント投資のメリットを順番に確認していきましょう。

投資の勉強と練習ができる

一番のメリットはコレじゃないでしょうか。投資をべんきょうする方法って専門書を読んだり、サイトを観たりして情報を収集しますが、やっぱり何事も本番が一番勉強になります。本を読んでいるだけでは理解したつもりで、理解していない事も多くあります。そこはやっぱり実践でしか学べないでしょう。

でも、いきなり自分の資産を突っ込むのって怖いですよね。そこで、楽天ポイントを使った投資ならば現金じゃないので怖さは軽減されます。(実際は、楽天証券がポイントを買い取っているので現金なので、誤解しないでください。)まずは、楽天ポイントで投資のやり方を学んで慣れてきたら現金を投入するのが一番リスクが少ないでしょう。

また、練習をしながらやっぱり損はしたくないから情報収集を行いますよね。そうすることで、本を読んだりするだけでは学べないことがいろいろと学ぶことが可能です。株と債券の動き方や、国外と海外株の違いや、今現在好調な企業のHPやニュースなどなどいろんなことに目がいくようになってきます。

この状態を作れると、あとは経験を積んでいけばコツコツとリターンも積み上げていけると思います。これを楽天ポイントで投資しながら学べるってけっこなメリットですよね。

 

安心して放置できる

次に、楽天ポイント投資の良い所は放置できる。ってことです。どーいうことかと言いますと、最初から自分のお金を投資にまわした場合、慣れるまで気になって、気になって完全に放置できないんです。

でも、投資はギャンブルではないので、時間をかけてコツコツと増やしていくものじゃないですか。だから、そんなにすぐには増えないし、当然価格が上下するのでタイミングによってはマイナスになる場合だってあります。だから、日々時間を使って、精神的に消耗して、チェックするのは意味がないのです。信じたら、増えるのを待つのみって感じでしょう。

で、楽天ポイントであれば、そこまで気にならないので安心して放置しておけますし、ポイントで慣れておけば現金になった場合も免疫があるので、そこまで気にならないです。

 

使わないポイントを寝かせておかなくてよい

楽天ポイントの使い方って人それぞれだと思いますが、ぼくの場合は、貯めて・貯めて何か買うみたいな使いかただったので、なかなかまとまったポイントが貯まらないうちは、ただただ楽天ポイントを寝かせている状態だったんです。

でも、楽天ポイントで投資できるんだったら、ポイントを寝かせることなく、貯まったらどんどん投資にまわしていけますし、ある程度増えてきたら現金化して好きなことに使うことだってできちゃいます。そういう意味で楽天ポイント投資のメリットのひとつだと考えました。

 

攻める投資も可能

これは初心者の方にはおすすめしませんが、慣れてきたらチャレンジして欲しい方法です。

自分のお金を使った場合、ハイリスクハイリターンは取らないで欲しいのですが、楽天ポイントを使った場合は別です。

例えば、自分のお金を使って買う銘柄はバランス型で安定して増えるものにしておいて、楽天ポイントで投資する銘柄は少しリターンが大きいものに投資しても良いでしょう。そこで得た利益は、自分のお金を使って投資している銘柄に再投資する。みたいな方法です。

この方法であれば、自分のお金は損しにくく、資産を増えるスピードがUPする可能性が上がります。ただし、ギャンブルはダメですよ。。

 

まとめ

楽天ポイント投資を簡単にまとめると、投資初心者は『ポイントを使って投資をはじめた方が良い』ということです。もちろん、デメリットもありますが、楽天ポイントがなくなるよりも、自分のお金がなくなる方が精神的に良くないですから、これからって人はぜひ楽天ポイント投資からはじめて欲しいと思います。

楽天証券は口座開設も簡単なので、まずは口座をさっさと作ってみましょう。雪玉は少しでも早く転がした方が大きくなりますから、時間がもったいないですよ。

おすすめの関連記事はこちら