厚生年金はいつまで払うのかって疑問に答えます!

最近は定年退職が60歳以上。なんて会社も多くなってます。60歳を超えても元気な方も多いですし、なにより経験が豊富ですし、人材も足りていない業界も多いから仕方がないことです。

そんな時にふと考えるのが、厚生年金っていつまで払うの?ってことです。国民年金であれば、60歳までで支払いが終わります。ですが、会社勤めをしている方で60歳を過ぎている方はどうなのでしょうか?

ふと疑問に思いましたので、今回は『厚生年金はいつまで払う必要があるのか?』について調べてみました。ご参考にして下さい。

60歳まで

国民年金は60歳までの支払いというのは、知っている方も多いでしょう。その流れで、厚生年金保険料も60歳までと思っておる方もいるのではないでしょうか?

実際は、60歳までという決まりはないんです。恐らく、60歳で一度定年退職になる会社が多いので、何となく厚生年金も60歳というのが定着したんですね。

じゃぁいつまでなの?

60歳までという決まりがないとすれば、じゃぁいつまでなの?ってことになりますよね。

厚生年金保険料は、会社に勤めていれば最長70歳まで加入する事ができるんです。つまり、厚生年金保険料を支払わなければいけない。ということになります。

70歳の誕生日を過ぎると、加入する資格を失いますので、それ以降は働いていても厚生年金保険料の支払いはありません。

70歳を過ぎても支払う場合もある

基本的に厚生年金保険料の支払いは、70歳までですが、一部例外があります。

それは、70歳時点で年金の受給資格がない人です。現在は、年金の受給資格が10年間となってますので、それに満たない場合は70歳を過ぎても厚生年金保険料を納めなけばなりません。
関連記事:意味ある?国民年金保険を10年払えば、年金がもらえるって言うけど

受取はどうなるの?

ここからが少しややこしい話しになります。厚生年金の受取は現在65歳からできます。なので、65歳以上でも再雇用等で働いている人は、厚生年金保険料を支払いながら、年金を受け取るという状況になるんです。

しかも、仕事をしながら年金を受け取っている人を在職老齢年金受給者というで、その仕事の給料が高すぎると年金の支給を停止されてしまう。なんてことがあるんです。

具体的には、65歳以上ですと月に46万円以上給料と年金で収入がある人は、年金の一部カット又は支給停止になってしまうんです。若いころから一生懸命納めた年金が受取れないなんて、悲しい、悲しすぎますよね。

それだけ収入があるんだから、いいでしょ。という方もいるでしょうが、やはり自分で納めてた年金ですから自分で受取りたいですよね。そんな方に向けた制度もあります。

繰下げ受給

もしかしたら、耳にしたことがあるかもしれません。繰下げ受給は、通常65歳から受け取れる年金を70歳からの受取に変えることで、年金の受取り金額を42%UP出来るというお得な制度です。

現状給料だけで生活ができるようでしたら、無理に年金を受け取らずに繰下げ受給をしてしまいましょう。年金事務所で手続きをすれば、70歳からの受給に変更が可能になります。

42%増しは大きいですよね。ただし、70歳以降、年金の受取り金額が大きくなるので、通常よりも住民税などが高くなります。年金の受取り金額と税金の相談をして、最適な受け取り方法を考えましょう。
年金と住民税の関係をもっと知りたい方はコチラ:今さら聞けない!年金と住民税の関係を解説するよ。

まとめ

厚生年金保険料の支払いは、会社勤めしている間は基本支払う。という認識が間違いないですね。60歳で定年になっても、再雇用されれば、保険料は安くなりますが、厚生年金自体には加入してますので支払いは継続になります。

厚生年金に加入しなくてもよい条件で働く場合は、当然、加入しなくてもよいので保険料は発生しません。正社員の4分の3しか働けないなど条件がいくつかあります。これは、パートでも同じ条件です。

厚生年金保険料を支払いたくない方は、会社と再雇用の条件を事前に決めておく必要がありますね。後々失敗だけしないようにしっかりと話し合いましょう。

おすすめの関連記事はこちら