年金の支払いはいつまで続くのだろうか!

仕事をいつまで続けようか?いつまで続けられるのだろうか?ふとそう思った時に考えたのが、年金の支払いはいつまでなのか?ということです。

年々、年金の受取り年齢が上がっていて本当に65歳でもらえるのかも不安ですが、支払がいつまでなのかも不安に思える今日この頃です。

老後の生活設計の為に、国民年金、厚生年金はいつまで支払いが続くのかを、しっかりと理解しましょうね。

国民年金の支払いはいつまで?

国民年金の支払いは、20歳から支払いがはじまり、60歳までの40年間となっております。

ですが、40年間の内納めていない期間がある場合は、任意で65歳まで国民年金保険料を支払うことが可能です。これは、40年分の年金満額を受け取れない方の為の救済処置になっております。

どうせ、65歳で国民年金が受取れないなら、長い目で考えると65歳まで納めても良いかもしれませんね。

厚生年金の支払いはいつまで?

国民年金保険料の支払いは、一般的には60歳までとなっておりますが、厚生年金はどうなのでしょうか?

厚生年金は、会社員として働いていればいつまでも加入できると思っている方も多いですが、それは間違いです。

生年金は、原則70歳までの加入となっており、70歳を過ぎると加入ができなくなります。しかし、厚生年金の受給資格がない方は、70歳を過ぎても受給資格がもらえるまでの期間は、厚生年金に加入する事ができるよになっております。

早く受け取ることも可能

60歳まで、国民年金を納めるのはわかったけど、年金を受取る65歳まで待てないという方も一定数いるでしょう。

そんな方に、オススメなのは『繰り下げ受給』という制度です。この制度を利用すれば、通常65歳から受け取れる年金を60歳から受け取れるように変更できます。

その変わり、65歳から受け取るのと、比べ受け取れる金額は減額になります。以前『年金の受け取り年齢はおぼえておくと損しないです。』でも書きましたが、60歳から受け取った場合は、現状の国民年金ですと、75歳まではお得に受取ることが可能です。

長い目でみると、65歳から年金を受取った方がいいですので、検討してみてくださいね。

まとめ

年金の支払いは、いつまでか?と言っても、国民年金保険料が60歳、厚生年金保険料が最高70歳という具合に違ってきます。

どちらも、受給資格を満たしていない場合は、国民年金は65歳まで、厚生年金は70歳超も大丈夫です。

特に国民健康保険料は、受取資格が、25年から10年と短縮になりましたので、5歳延長をすれば受給対象になるかもしれません。年金を受取れるように、最善を尽くしましょう。

おすすめの関連記事はこちら