nanacoポイントのセンター預かり期限が必ず同じとは限らない理由

nanacoポイントのセンター預かり期限が必ず同じとは限らない理由

今や手放すことが出来なくなった、電子マネーnanaco。手軽にチャージ出来てべんりですよね。使えば使うほど、ポイントも貯まりますし。

でも、貯まったポイントってセンター預かりになって、セブンイレブンなどのお店で電子マネーに交換しないと使えませんよね。ところで、nanacoのセンター預かりって期限があるのご存知でしたか?

ぼくも、先日チャージの申込をしたのに、受取りをしていないことを思い出して、nanacoのセンターお預かり期限っていつまでなのかな?ってふと疑問に思ったので、確認してみました。

  • クレジットカードでチャージ申込した方
  • 特典でポイントを受取った方 
  • 提携先からポイントを受取った方

など、その他ポイントや電子マネーをセンター預かりにして、nanacoで受取ってない方は、有効期限がそれぞれ違いますので、確認してくださいね。

お得に使おうとして、損したら意味ないですからね。

センターお預かり分の有効期限

nanacoはセンター預かりの期限は、必ずこの日!というのは、ありません。さまざまなパターンによって、期限が変ってきますので、注意してくださいね。

自分がどのパターンなのかをしっかりと理解しない、期限が過ぎちゃったってこともありますよ。

クレジットカードでチャージした場合

 

まずは、クレジットカードでnanacoにチャージした場合です。ぼくもこのパターンで預かり期限があるのかどうか、不安になりました。

この場合は、クレジットカードを使って電子マネーを購入してますので、有効期限は特にありません。安心してください。

 

キャンペーンでもらったポイントの場合

お得なキャンペーンが度々開催されているnanaco。

  • 「nanacoポイント2倍」
  • 「○○円以上、チャージで○○ポイントプレゼント」

って感じのキャンペーンです。 見たことありますよね?

このパターンは、キャンペーンによっても、nanacoポイントの受取り方法は違いますが、センター預かり分となるnanacoポイントの場合は、預かり期限が決まってます。

nanacoのセンター預かり期限は、最長で2年、最短で1年になります。いつ受取ったかによっても変わりますので、のちほど詳しく説明致しますね。

理解するまで、少しあやふやになりやすいポイントでもありますね。一度理解してしまえばなんてことないのですが。

提携先でポイント交換した場合

最近は、クレジットカードの利用ポイントをnanacoポイントに交換できたりしますよね。

例えば、

  • セゾンの永久不滅ポイント
  • 三井住友VISAカードのポイント
  • ポイントサイトのポイント
  • さまざまな入会特典としてのポイント

などなど、まだまだたくさんありますね。

これら、nanacoの提携先でポイント交換した場合は、センター預かり期限があります。

これの期限も、のちほど解説しますね。

セブンカード・プラスで支払いした場合

これは、ぼくも利用してまして、気がつくとポイントが貯まっているのでありがたいです。

セブンカードを使って買い物するだけなので、お手軽さも気に入ってます。

で、この場合はというとnanacoの預かりセンターの期限はあります。

さすがに貯まりっぱなし、ということはないですね。

nanacoギフトカードチャージした場合

最近は、お祝いやお返しに、もらうことも多くなったギフトカード。せっかくもらったけど使えなかったなんて、悲しいですよね。

これも、現金と同じ扱いですので、センター預かりにしても期限はございません。

 

引継ぎした場合

これは、特別なパターンですね。通常nanacoカードは、違うカードに引継ぎできません。ですが、紛失、盗難については、新しいカードに引き継ぐことができるんです。

これは、うれしいサービスですよね。

新しいnanacoカードに引き継いだ場合、古いカードの電子マネーとポイントは、一度センター預かりになります。

電子マネーは期限がありませんが、ポイントは期限がありますのでご注意くださいね。

 

預かり期限がある場合の詳細

  • キャンペーンの特典ポイント
  • 提携先から交換したポイント
  • セブンカード・プラスでクレジット支払いしたポイント
  • 古いnanacoカードから引継ぎしたポイント

これらのポイントは、センター預かり期限があるって、お伝えしましたよね。でも、いつまでなのか?というのは、まだでしたので詳しくご紹介します。

nanacoポイントのセンター預かり分は、加算されたタイミングによって変わってきまして、最長2年、最短1年という期限になってます。

ポイントの加算方法

nanaco公式HPより引用

4月1日~3月31日までを区切りとして、加算されます。(年度区切りと言えば、イメージしやすいでしょうか?)

有効期限

加算された、翌年度の3月末まで、有効になります。

例えますと、

2017年4月1日から2018年3月末まで貯めたnanacoポイントは、

2019年3月31日までセンター預かり期限となってます。

Point 
それでは、もうひとパターン

2018年4月1日から2019年3月末まで貯めたnanacoポイントは、

2020年3月31日までセンター預かり期限になります。

なので、

最短の場合、3月31日に貯まったポイントは、翌年度の3月末までなので、約1年

最長の場合、4月1日に貯まったポイントが、翌年度の3月末までの約2年

となるわけなんですね。

個人的には、1月から12月区切りにしてもらった方が、わかりやすい感じがします。

まとめ

nanacoのセンター預かり期限はいかがでしたか?

さいごにもう一度確認して、締めたいと思います。

  1. 有効期限は、電子マネーとポイントによって違う
  2. 電子マネーは有効期限なし(クレジットカードチャージ分、nanacoギフトチャージ分、引継ぎ電子マネー分)
  3. nanacoポイントは有効期限あり(特典、提携先、セブンカード利用分、引継ぎポイント分)
  4. 有効期限は、4月から3月までを1年とし、ポイントを貯めた年の、翌年まで

ざっくりまとめると、こんな感じでしたよね?

せっかく貯めた、nanacoポイントですので、期限が過ぎてしまう前に、しっかりとセンターから受け取り、上手にお買い物につかいましょう。

おすすめの関連記事はこちら