お金の意味を考えてみたので、一度みてみてほしい。

『お金の意味ってなんなんだろうか?』

社会に出て、給料を貰うようになり、ふと1度は思ったことってないですか?お金に困ったときに、お金って何なんだろうかと、考えちゃいます。お金の意味を考えているようだから、いつまでもお金に悩む人生なのかもしれませんね。

というのも、お金の意味というか、本質がわかっていればお金について考えるより、どうやったらお金を増やせるかの方に思考がチェンジすると思ったからなんです。

ということで、今回は『お金の意味』について僕なりに考えてみたいと思います。

お金は道具

お金は万能な道具である。それ以上でもそれ以下でもないでしょう。お金が道具であるから、使う人によって使い方が変わってきてしまうのは当然じゃないでしょうか。それもいろんなことに使える万能な道具です。

お金は現在の世界中の経済をまわすのに、必要不可欠ですね。でも、お金は必ず、現金ではないと使えないという時代ではないです。電子マネーや仮想通貨、クレジットカードなどなど。形をかえて、お金は流動しています。もし、現金=価値であれば、そんなことにはならなでしょう。

クレジットカードなんかは、先に使ってあとから請求がきますよね。現金だけが価値であればこんなことは、成立しないでしょう。いまだに、現金しか使えないお店もありますが、そういうお店は、もはや意味不明ですね。

そう考えると、お金はたんなる道具でしかないのです。

お金の歴史

日本人はなぜか、お金は特別なものとして教育というか、洗脳をうけているのではないでしょうか。なぜそんな風に思ったかというと、昔からの流れをざっくりと見たからです。

むかーし、むかし、お金がまだない時期は、物々交換をしてお互いが欲しいモノを交換していましたよね。でも、お互いの欲しいものが、必ずしも一致するとは限りませんよね。

例えば、自分はお魚を持っているので、お肉と交換して欲しくても、お肉を持っている相手は、必ずしもお魚が欲しいというわけではない。というような感じです。

欲しい物が欲しい時に手に入らないとなると、ストレスですし、生活がスムーズにまわらなくなってしまいます。

そこで、考えられたのが、『穀物』『布』など誰にでも需要があるもので、物々交換をするという手法。

この物々交換の時代は

自分が与えられる価値(お魚)

誰もが欲しがる価値(穀物)

自分が欲しい価値(お肉)

に交換してました。この方法であれば、欲しい時に欲しいものを手に入れる事ができますよね。『穀物』を受取った人も、それを違うものにも交換できるわけです。そうすることで、物々交換の流動性が増してきたんです。

その後、『貝』『石』『犬の歯』『革』などを貨幣に使ったりする文化が世界中のあちこちで生まれてきました。ここまでくると、現在のお金に違いかたちになってきましたね。でも、これだとお金が沢山作れちゃいますし、住む場所が変れば価値が無くなってしまいます。

そこで登場したのが、『金』や『銀』『銅』などの金属の貨幣です。素材を統一することで、どこの国でも価値あるものとして使えるようになりました。このころでも、偽貨幣は作られていました。


さらに、金を持ち運ぶのが大変ということで、金を現在の銀行のようなところに預け、『お金を預けてますよ』という証明を発行し、それを紙幣として使いはじめたという説があります。こうなってくると、紙幣は、『どこのだれが発行しているのか』が大切になりますよね。もちろん、その証明が本物という大前提です。

信用がある所の発行した、証明なら間違いないだろうという信用のもと、お金として扱われている状態ですよね。起業家のホリエモンこと堀江貴文さんが『お金は信用』と言ってましたが、まさにその通りの状態にこの時期にはなっていたということなんです。

その後、現在のお金というかたちになり、貨幣と紙幣が現金として扱われてます。ココまでの流れを改めて見返しても、別にお金は特別なものではなく、あくまで経済をスムーズにまわすための道具というのが、お金の意味でしょう。

お金自体に価値はない

さきほど、お金はけっきょく、誰が発行しているのか?という信用が大切になってきます。という話をしました。そうなってくると、お金自体に価値はないという意味になります。

事実、1万円の製造コストはたったの、20円ですし、お金と同じ印刷をした紙切れには価値はないですよね。そう考えると、やっぱりお金自体には価値がなくて、円の場合は日本銀行が1万円ですよ!って発行しているということに信用があり、1万円として使えるようになります。

なので、日本の信用がなくなれば円の価値はあっという間に、なくなってしまいますよね。やっぱり、お金は価値を数値化したものを具現化して扱えるようにした道具という意味でしかないんですよね。

価値がないのに

お金に価値がない。でも、お金を稼ぐには価値を提供しなければいけないと言われています。価値がないものを手に入れるのに、価値を提供するって、なんでなの?と少し頭が混乱しますね。

あくまで、お金は道具です。そう考えるとわかりやすいと思います。

物々交換の時と考え方は同じで、価値を交換しあう者はお互いに、納得のいくものを交換しないと成立はしないですよね。そのお互いに納得する道具として、使用されているのがお金です。

お金自体に価値はないですが、価値を交換しあう為の道具として扱われているので、一般的には価値を提供しないとお金は増えないという意味です。

自分の持っている価値を、どんどんお金に変換してみましょう。

日本の信用は高い

為替の世界では、『有事の円買い』と呼ばれるほど、日本円は信用度が高いです。実際、世界経済に影響があるような事が起きると、日本円が変れる傾向になります。

  • 大統領選挙など、の一大イベント
  • 北朝鮮のミサイル問題
  • テロ事件

このようなことが起きるると、円が買われることが非常に多いです。それくらい、日本の『円』というお金は信用度が高い通貨になってます。破綻する心配が少ないと思われている国ということになりますね。

 

まとめ

お金の意味について、現時点でのぼくの考えを書いてみましたが、いかがでしたか?お金が持つ意味を理解することで、最近決済の主流になってきている、電子マネー(nanaco、楽天Edyなど)、仮想通貨、クレジットカード、為替など腹に落ちる部分が沢山あると思います。

また、お金を稼ごうとした時には、何をすればお金が増えるのかというのも、お金の意味を知る事で少し理解が深まるはずです。

現金が主流の時代から、どんどんお金がかたちを変えて、より流動性がよくなってきます。流動性が良いということは経済がより活発にまわしやすい状況にもなる、ということでもありますので、そのお金を使う僕らも頭でっかちにならず、お金の持つ意味や使い方を理解し深めることが大切になってきます。

おすすめの関連記事はこちら