セルフメディケーション税制と医療費控除の違いを知ればお得に!

2017年からスタートした、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)。所得控除が受けられるのは、何となくわかるけど、従来の医療費控除との違いがイマイチわからないですよね。

ちなみに、セルフメディケーションは、自主服薬という意味で、自分で服用する薬が対象ということらしいです。意味がわかると、税制の内容もイメージしやすいです。でも、自分で薬局で買ってた薬も従来の医療費控除で申請できましたよね?何が違うのでしょうか、確認していきましょう。

計算方法が違う

セルフメディケーション税制の内容を一通り確認すると、大きく違うポイントがいくつかあり、ぼくはこれが一番ポイントかなって思ったので、まずは計算方法の違いからご紹介しましょう。

従来の医療費控除の場合

以前から確定申告できる、医療費控除の計算式がこのような計算式でした。

支払った医療費の合計 - 保険金などで補填される金額 - 10万円 = 控除対象金額

という計算方法でした。(最後の10万円は、所得が200万円未満の場合は、所得の5%になります。)この計算方式ですと、基本は10万円を超えてこないと医療費控除が受けられませんでした。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の場合

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の場合の計算方法は、通常の医療費控除と違い非常にシンプルでわかりやすいです。

支払った購入金額の合計 - 保険金などで補填される金額 - 1万2千円 = 控除対象金額

という計算方式になります。従来は支払った購入金額の合計が2万円の場合、控除が受けられませんでしたが、セルフメディケーション税制の場合は、8千円控除を受けることができます。


ハードルが少し下がったというのが、通常の医療費控除とセルフメディケーション税制との違いの大きな点です。

受けられる人の違い

従来の医療費控除の場合は、所得があり、計算上控除額があれば、誰でも対象になってました。しかし、新しくスタートした、セルフメディケーション税制の場合は、誰でもOKというわけではなくなったのです。

セルフメディケーション税制の対象になってくる人は、しっかりと健康管理に気をつけている人が対象になります。具体的には、次のような感じです。

  • 健康診断を受けている
  • 予防接種を受けている
  • がん検診を受けている

このように、健康に気をつけている人なら対象になります。会社員の人は、年に1度健康診断があるでしょうから、問題ないですし、その家族もOKです。しかし、アルバイトやパートで健康診断、がん診断、予防接種などを受けていない人は対象から外れる可能性があります。しっかりと確認を行いましょう。

併用ができない

これは、医療費控除の違いというわけではないのですが、ポイントとしてご紹介しましょう。従来の医療費控除と、セルフメディケーション税制は併用が出来ない決まりになってます。

セルフメディケーション税制は別名『医療費控除の特例』となっているとおり、医療費控除の一部という扱いになってますので、併用ができないんですね。うーん、残念です。

どちらがお得かは、国税庁のホームページで計算もできますので、お試しください。こんな感じで、計算できますよ。
セルフメディケーション税制,計算方法
この計算例の場合は、従来の医療費控除の方が、多く控除が受けられます。

 

最大控除額の違い

従来の医療費控除の場合は、最大で200万円まで所得控除が可能でした。しかし、セルフメディケーション税制の場合は、最大で8万8千円までとなっており、従来の医療費控除と大きく差が開いてますね。

医療費で大きな金額を支払った方は、医療費控除の方がお得になってきます。通常の医療控除をまずは計算してみて、8万8千円を下回るようであれば、セルフメディケーション税制の計算をしてみるとよいでしょう。

確定申告の違い

通常の医療費控除の確定申告時、領収書のコピーの提出は不要になりましたよね。詳しくは『確定申告の医療費控除に領収書は不要に|改正ポイントを解説』を読んでみてください。

通常の医療費控除もセルフメディケーション税制の場合も、確定申告書は必ず提出しなければいけません。それぞれ添付する資料が違いますので、注意が必要です。

通常の医療費控除の場合

  • 医療費通知(医療費のお知らせ)
  • 医療費控除の明細書

セルフメディケーション税制の場合

  • 健康への取組がわかる資料(予防接種の領収書、健康診断の結果、がん検診の領収書や診断結果など)
  • セルフメディケーション税制の明細書

提出書類が少し変わってきますので、注意が必要です。セルフメディケーション税制の、健康への取組がわかる資料がすこし、準備がめんどくさそうですね。

セルフメディケーション税制適応商品

セルフメディケーション税制に対応している商品には、このようなマークがついていることが多いです。一部商品には、ついていない商品もあるので、詳しくは厚生労働省のホームページの対象品目一覧を参考にしてくださいね。

以外な対象商品もあるかもしれませんよ。

まとめ

通常の医療費控除とセルフメディケーション税制の違いは、いかがでしたか?似ているようで、少し違う。今一度、ご自身はどちらの方が、控除を受けられるのかを検証してみるとよいでしょう。

以前までは、医療費が10万円を超えないと控除が受けられないのが、ハードルがかなり下がってますので、ぜひ確定申告して控除をうけましょうね。

ちなみに、セルフメディケーション税制は平成33年12月31日までが対象になってきます。いつまでも続くと思い、損しないようにしてくださいね。

そして、いつまでも健康でありたいものです。

おすすめの関連記事はこちら