医療費控除の予防接種は赤ちゃんの分は対象外な理由

出産で負担した医療費をすこしでも取り戻したい!ということで、皆さんが利用している医療費控除ですが、赤ちゃんの予防接種って医療費控除の対象になるのでしょうか?

赤ちゃんは、基本無料で予防接種を受けられますが、一部有料の予防接種もありますよね。あれ、意外に高いんですよね。

ロタウイルスは、1万円くらいしますし、インフルエンザも4,000円ほどはします。しかも、1回ではなく、2回、3回と予防接種を打つので、予防接種の費用もバカになりませんよ。

保険で少し補助が出るものの、全額ではないので、もう少し安くなったらいいのになっていうのが、本音です。

赤ちゃんの予防接種は医療費控除に含まれるか、確認していきましょう。

予防接種は対象?

赤ちゃんの有料の予防接種についてですが、これは基本的には医療費控除の対象外になります。

よく赤ちゃんに打つことが多い、有料の予防接種は『インフルエンザ』『ロタウイルス』の2種類ですが、これらはすべて対象外になってしまいます。インフルエンザの予防接種は、ぼくの家族も毎年打っています。

医療費というのは、病気を治すことを目的としたものを指す為です。予防というのは、病気になる前に行う行為なので、医療費には入らないようです。残念ですね。

また、インフルエンザなどの予防接種は任意で、打つか打たないかを決めるので、あくまで自己負担というスタンスなんですね。

例外もある

基本的には、赤ちゃんへの予防接種は医療費控除対象外ですが、一部例外があるのでご紹介しますね。

治療に必要な場合

赤ちゃんが何かしらの病気を治療している場合に、医師の指示により、インフルエンザの予防接種などを打った場合には、医療費控除の対象になる可能性もあるようです。

可能性もある。と書いたのは、最終的には税務署の判断になるからです。

他の病気の治療中に、予防接種を打った場合は、しっかりとなぜ必要だったのかを、担当のお医者さんに書いてもらい、確定申告に添付すれば間違いないでしょう。

予防接種を受けることで

インフルエンザやロタウイルスの予防接種を受けることで、平成29年からスタートしたセルフメディケーション税制が適応になりますので、医療費が10万円を超えていなくても、医療費控除の申請ができる可能性が増えました。

以前『セルフメディケーション税制と医療費控除の違いを知ればお得に!』で説明したように、健康に気を使っている人を対象にしており、最大8万8千円の控除を受けられる税制ですので、是非申請してみましょう。

予防接種を打つことで、健康維持に努めているとみなされるので、セルフメディケーション税制の対象になってきます。

風邪薬など、沢山の商品がセルフメディケーション税制の対象になってます。医療費が10万円を超えそうにない人は、セルフメディケーション税制も検討してみてくださいね。

医療費控除の対象になるもの

赤ちゃんの予防接種は、医療費控除の対象外でしたが、その他に以外に医療費控除を受けられるものは沢山あります。

確認してみてくださいね。

  • 医師による診療や治療費(医師というのがポイントです。)
  • 医師の指示による、差額別ベット代
  • 通院の為の交通費
  • 緊急時に使用した、タクシー代
  • 薬局で購入した薬(治療目的のものに限る)
  • レーシック手術
  • 治療の為の歯科矯正
  • 分娩費用
  • 入院費用
  • 赤ちゃんの健康診断費用
  • 赤ちゃんの通院用の交通費

以外に医療費として認められるものって多いですよね。この他にもありますが、基本的な考え方として『お医者さんが必要と判断したもの』『治療の目的で支払ったもの』この2点であれば、医療費控除として認められやすいようですね。

確定申告を忘れた場合には

子育てをしていると、うっかり確定申告を忘れた。なんて人もいるでしょう。忙しいので、仕方ないですよね。

でも、せっかく申請できる医療費控除があるのに、忘れしまったらもったいないですよ。

確定申告は、過去の分も申告することが可能です。詳しくは、以前『確定申告は過去分も申請出来るって本当なの?』で書いておりますので、参考にしてみてください。

医療費控除が楽チンに

以前は、医療費控除に領収書の添付をしなければいけない。というのが、確定申告時に医療費控除するときの条件だったわけでございます。

領収書をまとめるのも、意外に大変ですしね。

ですが、平成30年の申請から領収書の添付や提示は不要になりました。医療費の明細を専用の書式に記載し、確定申告すれば領収書の提出は不要になります。

その他、新制度で変わっている内容もありますので、『確定申告の医療費控除に領収書は不要に|改正ポイントを解説!』を読んでみてくださいね。

予防接種をお得に

以外に高い予防接種を、お得にする方法をご紹介いたしましょう。別に裏ワザというわけではないですよ。

健康保険の、補助金を使いましょう!というお話です。

国民健康保険でも自治体ごとによって、内容は変わってきますが、予防接種の補助金を支給している自治体もあります。だいたい、1000円/人から2000円/人が相場でしょうか。

特に、インフルエンザの予防接種は多くの自治体が補助金をだしています。ぜひ、赤ちゃんに予防接種をうけさせてあげましょうね。我が家も利用してます。

国民健康保険以外でも、補助金を出しているところが多いので、会社に確認をとってみましょう。ちなみに、私の会社は、予防接種時期になると、お手紙がまわってきます。

ご活用くださいね。

まとめ

医療費控除に赤ちゃんの予防接種は、基本含まれないという、残念な結果でしたね。ですが、医師の指示があった場合には、医療費控除として、適応になりますので、忘れないでくださいね。

赤ちゃんは、病気することも多く、大変な時期でもあります。しっかりと、予防接種をお得に受けて健康に大きく育てて下さいね。同じ親として応援しております。

赤ちゃんや、子供は、何かと医療費がかかりますので、領収書と家計簿は残しておきましょう。医療費控除のお得情報が他にもありますので、ご覧になってくださいね。

おすすめの関連記事はこちら