医療費控除にコンタクトレンズの検査料は含まれないのーっ!?

年間10万円を超える医療費って、なかなか超えない年もありますよね。なんとか、いろいろ足して医療費控除を受けようと頑張ってたときに思ったのが、コンタクトレンズの検査料って医療費控除に含まれないのかな?ということ。

コンタクトレンズは何となく、医療費ではないと言われれば、そんなような気もしますが、病院で受けるコンタクトレンズの検査料っていうのは、保険も使えますし、医療費っぽいですよね。

ということで、今回は医療費控除にコンタクトレンズの検査料は含まれるのか確認していきましょう。

医療費控除できるの?

メガネやコンタクトレンズを購入するための費用や、作るための検査費用は、確定申告の医療費控除に含まれません。

そうなんです、医療費控除対象外ということになります。

コンタクトレンズを作る為の検査料というのは、治療ではないので、医療費に含まれないというのが理由のようです。

治療用ならOK

ふつう、コンタクトレンズを作るとすると、

  • 近視
  • 遠視
  • 老眼
  • 弱視

などを、矯正するためにつくりますよね。

ですが、

  • 緑内障
  • 白内障
  • 極度の弱視
  • 斜視

を治療するためにつかう、メガネやコンタクトレンズは医療費に含まれるようです。

この場合は、確定申告で医療費控除を受けることができます。お医者さんに、治療をするために必要なものである。という処方箋が必要になりますので、忘れずに受取ってくださいね。

お得情報

コンタクトレンズの代金や検査料は医療費控除対象外ということで、税金の控除にならないですが、何かお得になる方法がないかと調べてたら、お得な情報がありましたのでご紹介いたしますね。

1.レーシック手術を受ける

レーシックってご存知ですよね?角膜にレーザーをあてて、視力を矯正する手術です。

この先ずっと、コンタクトレンズ代を払い続けることを考えると、レーシックの手術を受けて、さらに医療費控除も申告する方がお得になることも。

毎日の、取付、取り外しの手間もないので、楽になるので、アリだと思います。

2.フェイキックIOL

フェイキックIOLってご存知ですか?簡単に説明すると、特殊なコンタクトレンズを目に挿入する手術です。

レーシックだと、角膜にレーザーをあてるので、失敗したら怖いですが、フェイキックIOLだと、取り外して元に戻せるので、安心なのもいいですよね。

フェイキックIOLも、医療費控除対象になりますので、これからのコンタクトレンズ代や検査料をくらべるとお得になるのではないでしょうか。

見え方の質が高いというのと、長期的に安定しているというのが、特にいいですよね。ぼくもチャレンジしてみたいですね。


この2つは、コンタクトレンズと同じように視力矯正ですが、医療費控除を受けられますので、長期的にどちらがお得か計算してみて下さいね。お得に視力を確保しましょう。

医療費控除の対象になることも

コンタクトレンズの料金や、検査料は医療費控除の対象にはなりませんが、眼科に検査にいったときに『眼球に傷があるので、目薬だしておきますね。』とか言われた場合は、眼科を受診したことになります。

その場合は、診察料、処置料や処方料、交通費などが、医療費控除の対象になりますよ。

コンタクトレンズ関連が、すべて医療費控除対象外になるわけではないので、よく思い出して確定申告しましょう。

まとめ

医療費控除に、コンタクトレンズ代や検査料が含まれないのは残念ですよね。毎日使うものなので、対象になってくれるとありがたいのですが。

しかし、平成29年からセルフメディケーション税制がスタートしたので、医療費が10万円を超えなくても医療費控除が申告できるようになりましたし、確定申告の書類も領収書が不要になったので、確定申告が楽になりましたね。

お得に節税しましょうね!

おすすめの関連記事はこちら