投資信託の基準価格は『高い方がいい』はウソだった。。

投資信託は高い方がいいと思っていた時期もあった、サグチです。

投資信託の基準価格は高い方がいいって耳にするけど、投資の基本は『安い時に買って、高い時に売る』だから、基準価格が高いと高値をつかむよなイメージがあるように感じでしまいますよね。

ぼくも基準価格をよく理解していない時には、基準価格が高い方がいいのかな。って思っていた時期もありますが、いろいろと勉強していると実は、そうでもないことがわかりました。今回は投資信託の基準価格は高い方がいいのか、そうでもないのかについてご紹介してまいりましょう。

 

基準価格は高い方がいいのか?

まずは本題から。投資信託の基準価格は高い方がいい、とは限らないというのが答えです。基準価格が高いからと言って、良い投資信託とか限らないのです。

なぜかといいますと、基準価格の決まり方にも関係しています。詳しくは後ほど説明しますが、投資信託の基準価格は場合によっては、純資産総額が減っているのにもかかわらず、基準価格が上がってしまうこともあるからです。この状況が続くと、ファンドの運営自体があやしくなりますので大変危険な可能性も出てきます。

ぼくもこのあたりの仕組みを知るまでは、『純資産総額が減っているということは、運用が良くないのに、基準価格は上がる?』というのに理解が出来ませんでしたよ。

 

あくまで参考程度に基準価格を知ることは大切ですが、あてにはならないというのをおぼえておきましょう。なんで基準価格は上がって、運営があやしまれる状況になるかというのをもう少し詳しく説明していきますね。

 

基準価格の決まり方

投資信託の基準価格の決まり方は、株や為替などと少し違いますので慣れるまで違和感があるでしょう。この違いが、基準価格は高い方がいいと錯覚させる原因のひとつかもしれませんね。

基準価格というのは、物で言う値段みたいなもので、その投資信託の1万口分の価格を指しています。100g1000円というお肉を想像してもらうとイメージしやすいかもしれません。

実際に投資信託を購入する時の基準となる価格のことをいいます。

1万円の投資信託を1万円分購入した場合は、1万口分購入したことになります。(実際には、手数料が引かれますので、もう少しだけ少なくなります。)

 

投資信託は最初の設定金額が10,000円からというのが一般的になっていて、その後、総資産と総口数などによって基準価格が上下していくのです。計算式にすると、下のようになります。

基準価格 = 純資産総額 ÷ 受益権総数 × 10,000口

となります。ちなみに、純資産総額というのは内閣府令や投資信託協会の規則で決められていますので、ファンドごとに評価方法が著しく変わるということはありません。バラバラだったら、何を信じていいのかが、わからなくなるので当然といえば当然ですね。

 

基準価格は、純資産総額が変動すると影響がありますし、受益権総数(口数)の変動によっても影響があるので、純資産総額が減って、それにあわせて受益権総数も下がれば、基準価格が上がってしまう場合も出てくるのです。純資産総額が減るというのは良くない傾向で、特に数か月連続で下がり続けている場合は注意が必要です。

 

基準価格は何に使うの?

では、基準価格が高ければいいというのは、あてにならないというのがわかりましたところで、投資信託の基準価格で何に使うの?というのが、疑問に残りますよね。

投資信託の基準価格は、その投資信託の1万口分の売買する価格になります。なので、

  • 買う時
  • 売る時
  • 保有している時

それぞれの状態で自分の資産を知るのに使えます。

買う時であれば、何口分かえるのか?とか、200,000口買うにはいくら必要なのか?といった具合で使えます。

売る時の場合は、買った時の基準価格との差をみて、いくらくらい利益が出ているのかを知ることが出来ます。

保有している時は、資産が殖えているのか?減っているのか?など、現況を知ることが出来ることができますし、純資産総額とのバランスをみながら、保有を続けるかどうかを検討できます。

 

例えば、基準価格が上がりながら、総資産も上がっていたら、引き続き保有。基準価格が上がっているが、純資産総額が減っている状態が数か月続いたら解約する。など、純資産総額の変動と併せて基準価格の変動もチェックすることをおすすめします。これは、買う時も使えますよ。

基準価格はざっくりと言うと、売買する時の価格ですから良いファンドかどうかを示すような価格ではありません。なので、投資信託は基準価格が高い方がいいということにはなりませんので、ご注意くださいね。

 

投資信託は何を選ぶ基準にすればいい?

基準価格がいいファンドの目安にならないというのはわかったけど、投資信託は何を目安にすればいいのでしょうか。

それは、、、、

 

 

純資産総額を見ることをおすすめします。

良いファンドというのは金額が集まりやすいです。また、純資産総額は、ファンドマネージャーの運用成績や分配金の額や回数にも影響されます。まさに、その投資信託の価値を示すバロメーターのような役割をしています。

良いファンドは総資産が増えても、それに合せて口数も増えますので、基準価格が安定している、又は価格が上がり続けている場合が多いです。

選ぶ基準のひとつとしては、

  • 純資産総額が順調に増えているのか?
  • 30億以上の純資産総額があるのか?

最低この2つは必ずチェックするようにしましょう。純資産総額は大きい方がいいのですが、必ずしも大きいファンドの方がいいとは限りません。

例えば、300億円を超えるファンドであっても純資産総額があまり増えていない場合よりも、30億円 → 50億円 → 70億円 などのように順調に増え続けているファンドの方が良い場合が多いです。

ぼくは個人的には、後者をおすすめします。ファンドはあまり大きくなりすぎると、投資先も限定されてきますので。

 

まとめ

投資信託の基準価格は高い方がいい。という巷の噂は間違いということがわかりましたね。ただ、純資産総額とのバランスをみるために使えますので、無視していいわけではありません。また、日々の価格を知ることは大切です。あくまで『高い方がいい』この考えは、今日で捨て去りましょう。投資信託は長期投資です。日々、コツコツと投資して『売りたい!』そう思っても耐えれる人間になりたいものです。

おすすめの関連記事はこちら