一時所得にも住民税はあるの?計算してみた。【節税対策も紹介】

一時所得があった場合、確定申告で所得税を納めなければいけないのは知ってるけど、これって住民税にも影響があるのでしょうか?

少しだから大丈夫だろうと思っていたら、後から税務署から催促がくるなんてことがないように、しっかりと計算しておきたい所ですね。

ちなみに、一時所得とは、ざっくりと説明すると『継続的にお金を稼ごうとして得た利益や、営利目的で得た利益』以外の収入を指します。既に確定申告をしている方であれば内容は知っていると思いますが、内容としては

  • 競馬
  • 競輪
  • 生命保険の一時金
  • 損害保険の満期払戻金
  • 法人からの贈与
  • 懸賞
  • 福引の賞金

このような収入が、一時所得として扱われる対象になりますので、確認してくださいね。

今回の記事を読むと、

  • 住民税と一時所得の関係がわかる
  • あなたの住民税の計算方法がわかる
  • 住民税の節税対策がわかるようになります。

住民税に影響あるの?

まず、一時金で得た収入は住民税に影響があるか、ないかという点です。

一時所得は、住民税に影響があります。

所得税と同じように、計算をしたうえで、各都道府県+各市町村に住民税を納めなければなりません。

住民税はどのくらい?

住民税については、その他の所得や、控除内容によっても違ってきますので、絶対にこの金額という定額で決まっているわけではないのです。計算方法をご紹介しますので、計算してみましょう。

計算方法

計算方法は、確定申告でおこなった所得税の計算とほぼ同じ計算方法になってます。

1.一時所得額を出す

一時所得と言われている金額は、収入をそのまま指すわけではありません。まずは、自分が一時所得がいくらなのかを知りましょう。

一時所得額 = 一時金の総収入額 - 収入を得るための経費 - 特別控除額(最大50万円) 

これが、一時所得の金額になります。わかりにく、部分もあるので、もう少し細かく説明しますね。

例えば、競馬で100万円収入があった場合、馬券代1000円として計算してみましょう。

1,000,000円 - 1,000円 - 500,000 = 499,000円

これが、一時所得金額になります。特別控除金額は、総収入から経費を引いた額が50万円以上残っていれば、50万円ですが、50万円以下であれば、その金額になります。一時所得がマイナスにならないようになっている、というわけです。

2.課税される金額を計算

さきほどの金額は、一時所得金額になっており、それがそのまま課税される金額ではないんですね。ややこしいですよね。

一時所得金額 × 1/2 = 課税対象の一時所得分となります。

競馬の例でいきますと、499,000円 × 1/2 = 249,500円が一時所得の課税対象になります。

3.住民税を計算する

一時所得以外の住民税は例年通りの納税額になってると今回は想定しまして、あくまで一時所得分としての住民税を計算してみます。

住民税は、

  • 都道府県民税
  • 市区町村民税

この2つを納めなければなりません。

さらに、細かくわけると

  • 所得割
  • 均等割

という2つの税金があります。所得割は、所得に応じて納税額が変わってきまして、均等割は誰でも一定です。

今回は、一時所得が増えたからといって、均等割は増えませんので、所得割を求めていきますね。

税率は、

  • 都道県民税の所得割・・・6%
  • 市区町村税の所得割・・・4%

となってます。合計10%ですので、計算していきましょう。

『2.課税される金額を計算』で求めた金額が249,500円でしたので、それに10%をかけましょう。

249,500 × 10% = 24,950円 となります。

これが、一時所得分として通常よりも多く納めなければいけない金額です。

ちなみに、こちらは少しざっくりの計算になってまして、実際は調整控除というものがありますので、課税所得が200万円以下であれば、もう少し安くなる可能性があります。

住民税はいつ納めるの?

一時所得の住民税は、サラリーマンの方であれば、特別徴収と呼ばれていて、給料から引かれますので、ご自身で納めにいく必要はありません。例年6月頃から、引かれますのであらかじめ計算しておくと驚かずにすみますね。

個人事業主や無職の方は、普通徴収になり、6月に納付書が送られてきまして、

  • 6月
  • 8月
  • 11月
  • 1月

の4回で住民税を納めるようになります。納め方は、各市区町村の自治体によって違ってきます。

  • コンビニ
  • 銀行
  • 郵便局
  • 役所
  • クレジットカード
  • 口座振替

自治体によって、いろんな納付方法を準備している自治体もありますので、確認してみてください。

住民税を安くするには

一時所得で儲かった金額はできるだけ、手元に残しておきたいものです。

住民税が高くなりそうなときは、一時収入があった年と同じ年中に『ふるさと納税』『確定拠出年金』などを利用して、控除額を大きくしましょう。

ふるさと納税は、お礼の品が届きますので、どうぜ同じ金額を払うならお礼の品を頂いた方がうれしですよね。どこに納税するか選ぶのも楽しみです。

ふるさと納税と確定拠出年金の関連サイトを載せておきますね。
ふるさと納税とは? 初めての方へ | ふるさと納税サイト「さとふる」
確定拠出年金とは|りそな銀行

 

確定申告もしていない場合

一時所得があり、確定申告をしていない場合は、確定申告は過去分も申請出来るって本当なの?にも書いた通り、時期が過ぎていても、一時金の確定申告をしましょう。

以前、競馬で大勝した人が脱税で摘発されてましたよね。あれは、オーバーかもしれませんが、税務署から連絡があるかもしれません。忘れずに、確定申告をいたしましょうね。

まとめ

一時所得の住民税の計算してみましたか?大金を手にした人は、驚くような金額になる可能性もありますので、節税対策を忘れないでくださいね。

ちなみに、宝くじは一時所得には含まれず、無税なんですって。7億円が当たった場合は、そのまま貰えるなんて、本当に夢のようですね。

競馬、競輪、懸賞などは、納税の義務がありますので、所得税、住民税をしっかり納めましょう!

おすすめの関連記事はこちら