【結論】FXはギャンブルだからやめとけっ!って言うヤツは情弱。

【結論】FXはギャンブルだからやめとけっ!って言うヤツは情弱。

こんにちは、サグチです。

「あぁ~、FXはギャンブルだからやめておけ!」って言う人いますよね。この言葉をそのまま信じる人はそもそも思考停止しているので、FXはやるべきじゃないと思いますが

「なんでギャンブルなんだろか?」って少しでも疑問を持って、自分で調べたり、行動に移した人はFXを学ぶ価値があるでしょう。

FXに限った話ではないのですが、何か新しいことをはじめようとすると、「○○はやめておきな」とか「絶対にお前には無理」って否定してくる人がいます。ボクの経験ですが、そういう否定的な言葉ばかり言ってくる人で、「こんな人になりたい」って尊敬できる人はいません。

大体が「口ばかりの人」だったりします。

または、サラリーマンのような閉鎖されたコミュニティにいると、先輩の意見に耳を傾けたりしますが、冷静に考えてみると、別にたいした人でもないのにスゴイ人のように錯覚して信用してしまったりするもんですよね。

ボクもそうだったのでわかります。

なので、今回はFXはなぜギャンブルって言われやすいのかをまとめてみましたので、「FXはギャンブルだからやめた方がいいのか悩んでいる人」はコレを読んで判断してみてくださいね。

知識不足

まず、一番はこれです。絶対に!

やっぱり、人間て情報が不足していると怖く感じて、否定的になります。みじかにFXで生計を立てている人っていないでしょう。ほとんどのトレーダーは、東京に集中しているでしょうから地方の人は尚更です。

何事にもルールというものがあって、それを理解しないと時に事故を起こしてしまいますよね。例えば、車の運転だった、いきなり交通量の多い道路で運転の練習なんてする人はいません。教習所に通って、教えて教えてもらいながら、徐々になれていきます。ルールを守らないと、死んでしまうことさえありますから、誰もが真剣に学びます。

が、FXの場合はそういう人ばかりではありません。いきなり一人で道路に出てしまい、事故を起こします。または、はじめは調子良くて「余裕、余裕♪」なんて甘く見ていると事故を起こします。結果、事故を起こしてしまいます。そして、私は過去に車で3回事故を起こしています。学ばないものです。いや、実際は少しづつ学んで成長をしています。

FXも同じで、基本的な知識は書籍やネットで情報を得て学べますが、実践で学ぶことも多いです。というかほとんどです。

例えば、本で見たようなキレイなチャートは、ほとんど現れません。既にFXを学んでいる人は「えっ?全然違うんですけど」ってなった人も多いでしょう。 例えるなら、オ●ニーと本番のように違います。

特に「学校で学んだことは社会に出てから使わない。」という頭の固い方は要注意です。実際、抽象化して考えると社会に出てから使うことばかりですよね。FXも同じで、学んだことをそのままとらえようとせずに、物事を抽象化して考える意識が大切になります。

基本的な情報を学び、そして、実践でも学んでいくことが大切です。

過去相場での練習ソフトなんかもありますので、オススメの勉強方法は

①書籍などで基本と手法を学ぶ。

②練習ソフトで過去相場とひたすら向きあう。

③少額から実践。

コレがおすすめです。楽をしようとして、変な情報商材を買っても稼げません。はじめはまともな情報商材かどうかも判断できないでしょうから、情報商材は買わなくてもいいです。どうせ無駄なお金を使うなら、練習ソフトを買いましょう。と言っても、みんな楽をしようとして情報商材に走ります。やめておきましょう。

ある程度知識がついて、セールスページをみて、判断がつくようになったら買いましょう。「勝率90%」とか「月利300%」みたいな怪しい情報に踊らされないように。

 

一発逆転

次はFXで一発逆転をしようとしている人です。コレは完全にギャンブルです。

一発逆転を考えてFXを学び、しっかりと理解してから、コツコツとチャレンジするのであれば問題ないでしょうが、浅い知識で尚且つ、一発で。みたいなのは即退場になってしまいます。

スポーツで言えば、サッカーで対戦相手に蹴りを入れるようなもんです。ボクシングで相手の耳を噛むとかそんなやんちゃな事をしようとしているので絶対にやめましょう。

で、これはよくギャンブルトレードなんて言われる通り、ギャンブルです。

プロ中のプロでさえ、一発で当てるのは至難の業です。みんな、あれこれ戦略をたててトレードを行います。一発で当てられれば、だれも苦労はしません。そして、そんな方法を発見したらボクに一番最初に教えてください。

ボクは絶対に誰にも教えませんが。

 

まぁ、ギャンブルトレードしてしまうのも、そもそも知識不足というのがありますよね。為替のトレードを生業として生活している人がいるわけですから、一発逆転の夢を見ずにコツコツ頑張りましょう。

一発逆転を狙うのであれば、宝くじや競馬でも同じです。どうせ同じギャンブルなら当たった時大きな金額がもらえるギャンブルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか? ボクは絶対にやらないですが。

そして、宝くじが当たった場合はボクに何かごちそうしてください。

 

24時間トレードできる

FXは株と違って、土日を除く24時間トレードができます。これもギャンブラー魂を呼び起こさせる原因でしょう。特に初心者に多いのが、一度負けてしまい、取り返そうと感情的にトレードしてしまい負けるパターンです。

株であれば、取引き時間が決まってますが、FXは夜中でも取引可能です。というか、そっちがメインです。サラリーマンの人にはありがたいですが。

人は感情の生き物だ!なんて言われる通り、感情を揺さぶられるとダメです。物を売る時も感情を揺さぶることで判断能力を低下させるらしいです。それで高額の物がバンバン売れるのです。

 

それと同じでトレードは、感情のコントロールも非常に大切になってきます。しかも、トレードの時だけではなく、普段の生活から感情的になりやすい人は、特に要注意です。飲食店でお店の人にタメ口で話す人や、ちょっとしたことでクレームを入れる人はやめておきましょう。そして、人としてもどうかと思います。

ボクは腰が低すぎて逆に店員になめられます。そのくらいが丁度いいでしょう。

 

絶対にたった1回の、ギャンブルトレードで資金を失ってしまう可能性があるということも忘れてはいけません。

感情のコントロールって本当に大切で、普段の生活から意識していないと、「疲れていて判断を誤った」とか「会社で嫌な事があって」とか「家族とケンカして」などなど、トレードに影響がある事が沢山おきます。日常から自分をコントロールすることで、トレードも良い結果が出ますので心がけたいものですね。特にストレスを感じないように注意しましょう。

ボクもついつい、つまらない事で怒ったり、不満に思ったり、感情を揺さぶられることが多いです。先日も残しておいた、アイスを食べられて。。。日々精進ですね。

 

まとめ

結論、FXをギャンブルと言う人は「知識不足」又は「自己コントロール不足」です。

けして簡単な事ではありませんが、コツコツと実践と勉強を積み重ねていけば、トータルで勝つことは難しくありません。また、勉強する時に気をつけたい事は、余計な情報を入れ過ぎないということも大切です。

完ぺきな手法などないので、最後は自分がしっくりくる方法でのトレードが一番になります。

あの人はこう言っているが、この人は違うことを言っている。なんてことは、よくあります。言っていることをそのまま受け入れるのではなく、抽象化して本質をとらえましょう。

学校の勉強じゃないので、答えは一つではありません。また、答えをみつけようとするのではなく、自分の問題点を探しましょう。そして、沢山かせぎましょう!

おすすめの関連記事はこちら