私がfxで失敗して借金する理由を告白します

FXをはじめようとしている方や初心者の方にFXは失敗をすると、借金をする可能性もというのはご存知でしょう。ですが、なんでFXで失敗すると借金をするのか?までは知らない人も多いです。

今後トレードをしていくのであれば、必ず知っておきたいことですので、この機会におぼえておきましょう。基本的に、FXは資金がゼロになることはありますが、借金まではなりにくいようになってます。

 

大幅な変動

まずは、これ。数年に1度あるかどうか?というレベルの大幅な為替の動きがあった場合です。通常はロスカットと言って、必要証拠金が少なくなると、本人の意思に関係なく強制的に決済されてしまいます。

ですが、為替の変動が早すぎてシステムが追いつかずロスカットされないなんてこともありえます。そうなってしまうと、マイナス分の請求がきてしまうというわけです。これが借金の原因です。

最近で有名な大きな変動があったといえば、『スイスフランショック』でしょう。これはあまりにも有名なのでご存知の方も多いですね。

2015年1月15日に起きたスイスフランショックでは、フラン/円の為替が20分間で約4,000pipsも動いたんです。この時は、あまりにも変動が大きく、対応できないFX会社がほとんどで、マイナスになった方に不足証拠金を請求する事態になりました。

スイスフランショックのまとめ記事では、トラリピなどシステムトレードを行っている人は、マイナス50万円から200万円ほど、裁量でやられていた方はマイナス2,000万円や9,000万円なんて方もいるようです。

このようなケースは非常にまれですが、今後も起こりうる可能性があります。これを防ぐには、『ゼロカット』システムを取り入れているFX会社さんを選ぶといいでしょう。国内FX会社でも一部採用している会社もありますし、海外FX会社ではほとんど対応していますね。

特に、取引量の少ない通貨をトレードするときはゼロカットシステムを採用しているFX会社を選びましょう。

この失敗の原因は『FX会社選び』『情報収集不足』につきるでしょう。

システムトラブル

これは利用しているFX会社のシステムトラブルが原因で起こる借金です。何かしらのシステムトラブルがあり、トレードが出来ない状態になってしまい、その間に為替が動いてしまうと起こる現象です。

これも滅多にないことですが、ゼロではないというのはおぼえておきましょう。また、過去にシステムトラブルで起こった借金については、補填してくれているFX会社もあるようです。

 

ポジションの保有

これは、週末にポジションを保有したままの場合に起こりうる現象です。基本、土日は相場はお休みになります。そのお休み中に為替に影響が出るような事件があると、週明けに暴落・暴騰する可能性があります。

窓をあけるなんて言われて、週末と週初めの差が少しある場合はしょっちゅうありますが、借金になってしまうほどの大きな窓となると、かなり大きな事件でしょう。

たとえば、

  • 某大統領が過激な発言を連発
  • 北朝鮮がミサイル発射&着弾
  • 大震災

などがほんの一例です。こういった事があると、週末に保有していた場合、週明け借金へと変わる恐れがFXにはあります。これも『ゼロカットシステム』を採用しているFX会社さんの場合は、安心です。

この失敗の原因は、『情報不足』『トレードスタイル』です。長期保有するトレードスタイルであれば、大幅な変動があったときにでも、耐えうるロット数にする。または、損切り設定をして、指定した金額に到達した場合は損切りになるように設定しておきましょう。

 

ギャンブル脳

最後がこれ、ギャンブル脳です。これは、システムがどう、とか、事件が発生など、外的要因ではなく、自分自身の問題で起こってしまう借金です。

例えば、

  • 借金してFXに投資をして、損切りができずに強制ロスカット
  • 資金を失い、取り戻そうと借金をして無謀なトレードをする

などが原因でおこる借金です。もしかしたら、これが一番多いFXでの借金かもしれません。ルールを守らず、大丈夫だろうという軽い気持ちでトレードを行うとこのようになる可能性もあります。十分に気をつけましょう。

特に、最初利益が出ていておいしい思いをした方が、このようなケースになることが多いようです。資金を失ったのはたまたまだ。なんて思いこんでしまい、気がつくとFXで借金を作ってしまうという流れです。

思い当る節がある方は、一度振り返ってみるとよいでしょう。

この失敗の原因は、『自分』ですね。損切りをする強い意志と余剰金で投資をするというルールを破ったから起きる借金です。

 

まとめ

FXで失敗して、借金をつくる理由はいかがでしょうか?

稀に起こる事例もありますが、自分で想定して損失を最小限にすることも出来ることばかりです。FX=借金というイメージを持っていた人は、これで少しはFXに興味が沸いたのではないでしょうか?

投資に絶対はありませんが、投資は夢のあるものです。ルールを守り、損失を最低限におさえる工夫を常に施して実践していけば、けして悪いものではありませんし難しいものでもないです。

FXを楽しんで、資金を増やしていきましょう。

おすすめの関連記事はこちら