fx初心者は少額からスタートすべき5つの理由

FXをはじめたばかりの初心者は、少額からスタートした方がいいと言われます。というのも、少額だろうが高額だろうがやる事は同じだからです。

例えば、あなたが会社員で担当している仕事があるとします。その仕事で多くの成果をあげようとすれば、仕事量が多くなる。というのが一般てきです。

ですが、FXのトレードについてはそんなことはありません。資金量によって、精神的な負荷はもちろん違いますが、それは個人差がありますので、別にFXに限ったことではないですよね。仕事でも、ストレスを多く感じる人もいれば、まったくストレスを感じないで仕事をこなせる人もいますからね。

となると、やはりFXの初心者は少額からトレードをスタートし、資金量に応じて徐々に金額を上げていくのが理想的でしょう。なので、今回はFX初心者が少額からはじめるポイントをいくつかご紹介したいと思います。

チャートになれる

まずは、自分が取引するFX会社が提供するチャートソフト又は、メタトレーダー通称MT4or5とよばれる取引ツールを使って取引を行うようになります。使い方がわからないのに、勝ち続けるのは難しいでしょう。

仮にたまたま、てきとーに使って勝てたとしてもいずれ大きな損失をするでしょう。

トレードする為の道具ですから、使い方を完ぺきとは言いませんが、ある程度おぼえて取引に臨みましょう。スポーツ選手が使い方をよく理解していない道具を使い結果を残すのが難しいように、あなたも今後FXのトレードで結果を出していくのであれば、チャートソフトなどの使い方はマスターしましょう。

と言っても、そんなに難しいものじゃありません。パソコンやスマホが触れる人であれば特に問題なく取引ができると思います。まずは、チャートを見慣れるのも含めて、チャートソフトを一通り使えるようにマスターしてしまいましょう。

 

デモトレードは禁止

FXチャートツール等の操作になれたら、トレード開始です。初心者の方は何かしらの、手法を学んでからスタートされるのをおすすめします。

あたりまえなんですが、最初からうまくトレードできる人はいません。練習が必要になります。普通の仕事でもそうですが、新入社員がいきなり成果を上げまくるという事例はほとんどないでしょう。

ものすごく才能があれば別ですが、ほとんどの方は練習が必要になります。1回、2回思い通りにトレードできなかったからといってあきらめないで下さいね。

また、初心者の方に多いのが、「練習だから」ということで『デモトレード』を利用することです。チャートの操作に慣れる練習であれば、デモトレードでもいいんですが、トレードのやり方の練習についてはおすすめしません。

デモトレードと自分の資金を相場にさらすのでは、気持ちが全く変わるからです。デモトレードでは成績が良かったが、リアルになると全くダメなんて話は多くあります。

FXは『レバレッジ』というものがかけられ、少ない資金で多くのお金を動かす事が可能なため、FX初心者の方は少額でもいいので、自分の資金を使ってトレードの練習をして下さい。取引に対する本気度が全く変わってきて、成長もスピードも違ってきます。

チャートの操作になれたら、さっさとデモトレードは卒業をおすすめします。

 

まずは1万円

自分の資金でリアルトレードをする。といっても、最初から大きな金額でなければいけないことはありません。どんな手法を使ってトレードするかにもよりますが、『レバレッジ』を多くかけてしまえば、1万円程度からでもスタート可能です。

取引量を最小限にして、練習するのをおすすめします。

ギャンブルのように初心者がいきなり、2倍、3倍と順調に増えていくことはないです。1万円を損失してしまう可能性の方が高いですが、勉強代だと思ってしっかりと学習しましょう。

 

脱ギャンブル脳

初心者のうちに早く脱しておいた方がよいのが、ギャンブル思考です。とくに『損切り』が出来ない初心者が多いですので、損切りクセをつけるというのが非常に大切です。

損切りとは、

株式や先物取引、外国為替証拠金取引(FX)など相場や、不動産投資などの用語として用いられる。

投資の後に評価額が下落した場合、難平や塩漬けするとさらに下落が続いて損害が拡大する可能性がある。撤退するための明確な根拠を持って早めに損切りを行うことは、損失の拡大を防止し、資金を守る方法として重要といわれる。

  • いつか上がるだろう
  • マイナスを確定するのは嫌だから、もう少し様子をみよう
  • なんとなく大丈夫な気がする

FX初心者はこんな考えで、トレードを行い資金を全て失ってしまう人が後を絶ちません。3年以内に90%以上が退場(取引できなくなる)すると言われており、その原因が損切りが出来ないとさえ言われております。

これは経験しないと理解できないことも多く、頭ではわかっているが、いざ自分がその立場になると行動できない人が多いです。私も初心者の時に、何度か失敗をしています。サポートしてもらっていた方から、損切りの重要性をしつこく言われていて、わかったつもりになってましたが、いざ自分がその場面になってとき、甘い考えが出てしまったんです。追い込まれたときに、自分の本性が出るのでしょうね。

FX初心者の方は、少額で練習しているうちに、損切りをマスターしてギャンブル脳を捨てましょう。これだけで、FXトレーダーとして生き残れる可能性はかなり上がります。

たった1万円というと、大金だよ!と言われるかもしれませんが、今後大きな金額で取引していくことを考えると、1万円を使って学べるのであれば、安いです。1万円すら練習につかえない人は、どちらにせよ失うだけですからFXはやめておきましょう。

 

4時間足

ところで、練習って何すんの?って話です。

FXにはいろんな手法があって、絶対にコレ。というような手法は存在しません。100%勝てる手法はないです。ですが、初心者におすすめな手法としては、スイングトレードでしょう。

トレードスタイル取引時間時間足
スキャルピング超短期1or5分
デイトレード短期30分or1時間
スイングトレード中期4時間or日足

判断の早さが需要になる、スキャルピングやデイトレードははじめるのには、おすすめしません。また、ダマシと呼ばれるチャートの動きが多く発生する為、初心者にその判断は難しいでしょう。

また、スイングトレードで身につける、トレンド方向を見極める技術というのは、スキャルピングやデイトレードで取り入れることで、勝率を上げることが可能になりますし、判断スピードも上がります。

イメージしにくいと思いますが、4時間足で上昇トレンドの時は、スキャンダルデイトレードで取引する場合もロング(買い)で入るという意味です。これをマスターしているだけでも、勝率が大きく変わります。

まずは、スイングトレードの手法をいくつかマスターしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

FX初心者は少額からスタートする意味についてまとめてみましたが、ご参考になりましたでしょうか?初心者がいきなり大金を相場にさらすのは、ギャンブルでしかない。というのを理解しないではじめても資金を失いますので、まずは少額からスタートしましょう。

しつこいですが、とても大切なことですので、おぼえておきましょう。

需要があれば、今後トレード手法についてもご紹介していきたいと思います。参考になった!という方は、いいねや、リツイートしてもらえると大変うれしいです。

おすすめの関連記事はこちら