年金の受け取り年齢はおぼえておくと損しないです。

老後生活するための資金としてもらえる『年金』ですが、受け取りできる年齢ってご存知でしょうか?

60歳?
65歳?
70歳?

『自分がその年齢になるときは、本当に年金を受け取れるか心配』という方も多いですよね。

こればかりは、未来のことなので絶対に受け取れるとは言えませんが、年金という制度として現在何歳から年金を受取れるのかをしっておく事は大切です。

自分が一生懸命働いたお金を、年金として支払ってしるわけですから、年金の受け取り年齢はきちんと理解しておきましょうね。

受け取れる年齢は、『生れた年』と『国民年金』『厚生年金』でも違ってきます。生まれ年をよく確認して、間違えないようにしてくださいね。ちょっとした、年金を受取る年齢の裏ワザもご紹介しますよ。

昭和16年4月1日以前に生まれた男性

国民年金

老齢基礎年金とも呼ばれ、国民年金を支払っていた人が受け取れる年金です。

一般的に、『65歳』から受取ることが可能になっています。

厚生年金

老齢厚生年金とも呼ばれ、会社勤めをしていた方で厚生年金を支払っていた人が受け取れる年金です。

これは、この生まれの人は一般的に『60歳』から、厚生年金を受け取ることが可能になってます。

正確には、60歳から65歳まで受け取れる、厚生年金は、特別支給となっており『定額報酬』『報酬比例部分』の2つで構成されています。

この年代の方は、60歳から両方を受け取る事が可能ですが、生れた年代によって、定額報酬と報酬比例分の受け取り時期が変ってくるんですね。これが、年代による差になってきます。

昭和21年の4月1日以前に生まれた女性

女性と、男性では生まれた年で同じ条件ではありませんので、注意しましょう。

昭和21年の4月1日よりも前に生まれた女性は、これの前に書いた、昭和16年4月1日よりも前に生まれた男性と同じになります。

国民年金が65歳、厚生年金の特別支給が60歳から支給になります。表にまとめてみましょう。

性別生年月日年金を受け取れる年齢
60歳61歳62歳63歳64歳65歳以上

男 昭和16年4月1日以前

女 昭和21年4月1日以前

老齢厚生年金の報酬比例部分老齢厚生年金
老齢厚生年金の定額部分老齢基礎年金

60歳から、満額受け取れるなんてとてもうらやましい、年代ですね。これが初期の年金受け取り年齢となってました。続いては、現在の受け取り年齢を見てみましょう。

現在の受け取り年齢は?

現在の受け取り年齢は、ずばり『老齢厚生年金』『老齢基礎年金(国民年金)』共に、『65歳』からです。当初の受け取り年齢と比べると、5年も遅くなっています。

最近は、定年退職の年齢も60歳以上の企業も増えてきてますので、その影響もあるでしょう。

現行の受け取り年齢が適応になるのは、

  • 男性・・・昭和36年4月2日以後の生まれ
  • 女性・・・昭和41年4月2日以後の生まれ

となっています。それでは、同じ表で比べてみましょう。

 生年月日 年金を受け取れる年齢     
60歳61歳62歳63歳64歳65歳以上

男 昭和36年4月2日
以後の生まれ

女 昭和41年4月2日
以後の生まれ

     老齢厚生年金
     老齢基礎年金

白抜きの部分が受け取れなくなっている、年金です。具体的には、『報酬比例部分』『定額部分』の特別支給額が受取れなくなっています。厚生年金の特別支給額は、なくなってしまい、『老齢基礎年金(国民年金)』『老齢厚生年金(厚生年金)』の受け取りのみとなっています。

20年で、5年も受け取り年齢が遅くなっていますね。悲しいですが、現実です。出来るだけお得に受け取りたいあなたはつぎのような受け取り方法もありますよ。

お得に受け取りたい方へ

通常、年金の受け取りは65歳からですよね。でも、受け取りを遅くすることで、増額されて受け取ることも出来るんです。これを『繰り下げ受給』と呼びます。

66歳から70歳まで、いつから年金を受け取るのかで『増額率』が違ってきますが、8.4%から、最大42%の増額があります。

具体的な、増額率は『繰り下げた月数×0.7%』で求める事が可能です。例えば、12か月の場合は、『12×0.7%=8.4%』となります。

しかし、受け取れる金額は上がっても、その分、寿命が短ければ受け取れる総額は低くなります。いつ死ぬかは、誰もわかりませんが、無理をして受け取り年齢を70歳まで延ばす必要はないような気がします。70歳まで、年金を受け取らなくても何も問題がなければ、70歳まで繰り下げてもいいでしょう。欲張り過ぎないようにしてくださいね。

早く受け取る方法もある

さきほどは、お得に受け取りたい方でしたが、『長生きしそうもないから、早く受け取りたい』そんな方もいるでしょう。早く年金を受け取る事ができる『繰り上げ受給』という制度があります。

繰り上げ受給は、繰り下げ受給と逆に、早く受け取る分減額になってしまいます。

最短で60歳から受け取りが可能になっており、早く受け取れば、受け取るほど、『減額率』が大きくなってくる仕組みです。0.5%から、最大30%減額されてしまいます。

繰り上げ返済の減額率の計算方法は、『繰り上げた月数×0.5%』です。例えば、64歳から受けとると、12か月早いわけですから、『12×0.5%=6%』となります。

繰り上げて受け取ったからと言って、必ず損するわけではありません。繰り下げ受給と同じ考えで、いくつまで受取るかというのがポイントです。

老齢基礎年金(国民年金)だけの計算でいくと、繰り上げ受給して60歳から受け取った場合は『75歳までお得』ですし、65歳から受け取った場合は『80歳まではお得』となり70歳から受け取った人は、81歳以降がお得になります。

男性の平均寿命が、80歳。女性の平均寿命が86歳と長寿になってきていますが、どれが一番お得なのか?よりも、どれが無理のない生活を考えた方がよいかもしれませんね。また、制度がかわれば、計算結果も変わってきますし、これに厚生年金分が加算されるとまた違います。

詳しくは、日本年金機構に年金相談窓口がありますので、気になるかたは連絡してみてくださいね。

まとめ

生れた年代によって違ってくる、年金の受け取り年齢。制度がややこしく、自分はいったい、いつから年金を受け取れるのか?と悩んでしまいますよね。これで、少しすっきりしましたか?また、早く受け取ったり、遅く受け取ったりすることも可能なので、今は働けるうちは働くという人が多いので、生活スタイルに合わせて年金の受け取り年齢を調整してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、年金を受け取るには、自分で申請をしないと受取れません。勝手に口座に振り込まれるなんて親切な精度になっていないので、くれぐれもおきをつけてくださいね。受け取れるものも、受取れなくなってしまうと大変ですからね。

おすすめの関連記事はこちら